ニュースマンボ

「マンボ!」は、スワヒリ語で「こんにちは」の意味です。 皆様の毎日が楽しくなるような記事をお届けします。


    呼吸により粒子を吸い込むことにより感染を生じる。埃と一緒に、ウイルスを吸い込む場合でもなる。 飛沫感染飛沫感染は病室管理上、区別する必要がある。飛沫感染する、治療法のない強感染性・強毒性の病原体に感染した患者は、フィルターをもった独立した排気経路のある陰圧室での隔離療養が理想である。
    10キロバイト (1,413 語) - 2020年4月18日 (土) 05:11



    (出典 suumo.jp)


    結果的に「アベノマスク」含め、日本の政策は正しかったことになる

    1 蚤の市 ★ :2020/06/12(金) 08:25:58.79

     緊急事態宣言が解除され、多くの人が日常を取り戻すために公共交通機関を使うようになった。朝夕の通勤電車が混んできた。日常が戻ってきたうれしさはあるが、切実なのは、電車の中での感染リスクへの不安だ。通勤電車は確かに、密閉空間だ。首都圏では多くが郊外から東京に向かうため片道1時間は乗車するだろう。クラスター(集団感染)が起きやすい「3密」(密接、密集、密閉)だろう。そんな環境は大丈夫なのか。(リスク管理・コミュニケーションコンサルタント=西澤真理子)

     「そこまで心配することはない」。意外にもそれが、政府の専門家会議で対策作りに関わっている公衆衛生の専門家に話を聞いた筆者の印象だ。何よりもそれは、その専門家自身が通常通り、朝晩の時間帯に東京の勤務地まで電車通勤していることからも分かる。「3密」は何としてでも避けるべき状況だとあれだけ言われてきたのに、混乱する。その背景には「3密」(密集、密接、密閉)と、すっかり定着したリスクメッセージの曖昧さがあるからだ。

     「三つの密を避けましょう!」

     手元の政府資料をよく読むと、①換気の悪い密閉空間②多数が集まる密集場所③間近で会話や発生をする密接場面、この三つの条件がそろう場所がクラスター(集団)発生のリスクが高い!とある。

     混乱の元は、この3番目の「密」だ。これは、人と人の距離が近い「密接」を単純に意味していない。「会話」が発生すると言う「条件付き密接」だ。

     通勤電車はマスクをしていればよいし、「接触」したら洗い流せばよい。だから筆者がインタビューをした専門家は、普通に通勤しているとのことだった。通勤電車の中では会話はさほど多くないだろう。電車を降りたら必ず手洗いはするそうだ。通勤電車への不安は、専門家が考える「3密」が社会に正確に伝わっていないからこそ起きているものだ。

     コロナウィルスの感染経路は飛沫(唾や咳での感染)が大きな割合を占めることが世界的にも分かりだしてきた。今月5日、WHO(世界保健機関)は感染が拡大する地域で人と人との距離が取れないときに、一般に広くマスク着用を推奨と、指針変更した。米国もコロナ対策の中核である米疾病対策センター(CDC)が先月、「接触感染は主な感染ルートではないと考える」と発表。飛沫感染が主と示唆し、ガイドラインを変えている。欧州でいち早くロックダウンを解除したドイツは先月から公共交通機関や店舗内で、英国でも今月半ばから公共交通機関でのマスクの着用が義務となる。

     「接触よりも飛沫」は重要なリスクメッセージだ。「まあそうだよね」と思いつつ、マスクをしている人が多いとは思うが、「半信半疑」が「確証」に近くなってきた。

     実際、国内で発生したクラスター(集団感染)は「大きな声を出す」状況で発生している。「新年会」「スポーツジム」「剣道の道場」、そして「夜の歓楽街」だ。客が「カンパーイ」と声を出し、ひざを突き合わせたような状態で「ワイワイガヤガヤ」と盛り上がる状況で多いらしい。スポーツジムでも運動量と呼吸量が多く、声も一緒に出すプログラムでクラスターが発生している。だが、不特定多数の人が混じり合い近くで声を出すような夜の街の発生件数は1桁ないし2桁の違いで多かったという。第二波への警戒から「東京アラート」が発令された現在、都内では、店員が客席につき接待を行うにぎやかなお店やカラオケバーで新規感染者が連日報告されている。

     これらの実例からも、リスクが高いのは「3密(密接、密集、密閉)」でなく「3密+大きな声(飛沫が多く飛ぶ)」なのだ。「4密」(密な会話)と言っても良いだろう。

     スーパーの従業員休憩室や、コールセンターでクラスターの発生が国内外で発生しているが、これらの事例を詳しく見ると、食事をしながら対面で30分の会話が行われているなど、必ずしも大声ではなくても、会話が比較的長い時間、間近で「継続」した場合に集団感染が発生していた。

     今でも政府や自治体からは「咳エチケット」(咳やくしゃみをするときには口を覆いましょう)が発信されているが、不完全なメッセージだ。

     咳だけではなく、近くで会話する際も口を覆うことが必要だからだ。このメッセージは「咳エチケット」+「会話エチケット」であるべきだろう。(後略)

    2020/6/11 07:00 (JST)©株式会社全国新聞ネット
    https://this.kiji.is/642959171782640737?c=39546741839462401


    【明らかになってきた「マスク」の重要性 満員電車を恐れなくてもいいワケ】の続きを読む


    辻信太郎 (カテゴリ サンリオの人物)
    信太郎(つじ しんたろう、1927年12月7日 - )は、サンリオの創業者・代表取締役社長。 創業以来同社の社長を務めるほか、サンリオ作品の原作・脚本を執筆するなどの創作活動も手がけている。日本文芸家協会・日本ペンクラブ会員。 長男はサンリオ副社長を務めていた辻邦彦。 1927年12月7日 - 山梨県に生まれる。
    6キロバイト (730 語) - 2019年12月1日 (日) 04:25



    (出典 cdnssl.imgs.jp)


    大昔の少女としては、今でもサンリオキャラを見ると萌え♪ 31歳の社長は若すぎると思ったが、創業社長も32歳から60年間社長だったんだね。

    1 オクタヴィアス5世 ★ :2020/06/11(木) 22:34:52.25

    サンリオ、創業来初の社長交代 辻朋邦専務が昇格へ
    2020年6月11日 20:00



    サンリオは11日、辻朋邦専務(31)が7月1日付で社長に昇格する人事を固めた。社長交代は1960年の同社創業以来、初めて。創業者の辻信太郎社長(92)は代表権のある会長に就く。信太郎氏は孫である朋邦氏とともに引き続き経営にあたる見通しだ。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60257110R10C20A6916M00/


    【【サンリオ】創業者の孫(31)が新社長に 入社6年目】の続きを読む


    竹内 涼真(たけうち りょうま、1993年(平成5年)4月26日 - )は、日本の俳優、モデル、タレント。 東京都出身。ホリプロ所属。立正大学地球環境科学部地理学科中退[要出典]。雑誌オーディションを通じて2013年にデビュー。2014年に『仮面ライダードライブ』で主演を務めて、『ひよっこ』・『過
    37キロバイト (4,467 語) - 2020年5月25日 (月) 15:10



    (出典 www.crank-in.net)


    優しそうなイメージが変わってしまった。でもこの話なら竹内涼真は悪くない?

    1 ひかり ★ :2020/06/10(水) 10:46:19.43

    《大好きだったのに好感度下がった……》

     いま、ネット上で竹内涼真に対して厳しい声があがっている。竹内といえば、'17年に出演したNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で主人公の恋人役を演じ、大ブレイクを果たした。

    「'18年にTBS系で放送された日曜劇場『陸王』をはじめ、多くの話題作に出演。今年1月には日曜劇場『テセウスの船』で初主演を務めました」(スポーツ紙記者)

     そんな彼の評価が急落したのは、5月29日に発売された『FRIDAY』の報道が原因だった。

    「今年4月に、'18年末に交際が報じられた吉谷彩子さんと別れて、元『Seventeen』モデルの三吉彩花さんと付き合っていることが発覚。吉谷さんと別れる際に、竹内さんから一方的に別れを告げ、
    一緒に住んでいた家から追い出したそうです。しかも、彼女が立て替えていた生活費など100万円近くをうやむやにしようとしたことで金銭トラブルに発展したとも報じられたんですよ」
    (同・スポーツ紙記者)
    竹内が酒を飲んで帰ってくると……

     ドラマで演じる役柄とは真逆のイメージがついてしまったが、報道された内容とは異なる点もあるという。

    「実際には、金銭トラブルなどありませんよ。ふたりで犬を買った際に、そのお金を吉谷さんが立て替えた程度で、金額もとうてい100万円には及ばなかったそうです。そのことについては、
    お互いが納得しているのでは」(芸能プロ関係者)

     破局についても、竹内が一方的に別れを告げたことになっているが、そうせざるをえない“事件”があったようで……。

    「吉谷さんは、彼が仕事で忙しくて相手にしてもらえないと機嫌が悪くなることが多かったそうです。あるとき、竹内さんがお酒を飲んで家に帰ってきたら、よほどイライラしていたのか、
    ベッドカバーをはさみで切っていたこともあったといいます。竹内さんも最初は彼女に合わせていたのでしょうが、次第に耐えられなくなったのでは」(同・芸能プロ関係者)

     この件に関して、吉谷の所属事務所に問い合わせたところ、

    「そのような事実はございません」

     と、“事件”について否定した。

     吉谷は、大好きなカレのために尽くしたかったのだろう。竹内がその思いに応えられなかったのには、こんな理由が。

    「昨年末から3月までは『テセウスの船』の撮影に追われていました。日曜劇場の主役ということでプレッシャーも抱えていたことでしょう。夜遅くまで撮影をして、家に帰ってからも
    膨大なセリフを覚えなければならず、恋人のケアまで手が回らなかったのだと思います」(TBS関係者)

     売れっ子俳優と付き合うのも簡単じゃない!?

    週刊女性

    https://news.yahoo.co.jp/articles/77ce9b8610dad53666cb23529433a1c6758a6efc


    【【芸能】竹内涼真 追い出した元カノとの、金銭トラブルと「ベッド切り裂き事件」の真相】の続きを読む

    このページのトップヘ