ニュースマンボ

「マンボ!」は、スワヒリ語で「こんにちは」の意味です。 皆様の毎日が楽しくなるような記事をお届けします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    神谷 (かみや あきら、1946年9月18日 - )は、日本の声優、俳優、歌手、ナレーター、元日本工学院専門学校声優・俳優科講師。神奈川県横浜市出身。冴羽商事代表取締役。妻は『ほかほか家族』などに出演していた声優の戸部光代、長女はシナリオライターの華宮ゆう士、次女はミュージカル女優の神谷たえ。
    104キロバイト (12,285 語) - 2020年8月23日 (日) 14:02



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    50年前でも安すぎ。声優ってまともな稼ぎがない仕事だったんだな。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/11/24(日) 16:50:37.39

    2019-11-24 15:20
    声優・神谷明、少ないギャラ事情にデモの過去 デビュー2500円、バビル2世3000円…その後3.3倍に



     声優の神谷明(73)が24日、千葉・幕張メッセで開催中の『東京コミコン2019』内で行われたフランスの実写映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』トークイベントに登場。今年、芸歴50周年を迎え、冴羽リョウ(※リョウの漢字はけものへんに寮)、キン肉マン、ケンシロウなど数々のヒーローたちを演じてきたが、当時のギャラ事情を赤裸々に語り、安すぎるギャラに対して先輩たちのストライキに参加しデモ行進した過去を明かした。

     1970年にテレビアニメ『魔法のマコちゃん』千吉役でアニメ声優デビューした神谷。俳優としても活動していたが「俳優の時は、そんなに高くなかったですが、声優のギャラははっきりと覚えています」と告白。

     テアトル・エコー研究生時代に出演した『魔法のマコちゃん』は「税込み手数料込みで2500円でした。1話3から4時間で、当時はアルバイトの時給が500円でしたからアルバイトよりはちょっといいかな」と赤裸々に明かし、初主演となった『バビル2世』は少し上がったものの「バビル2世は3000円。そして、3000円の時代がちょっと長くて、ゲッターロボも3000円でした」と話し、場を驚かせた。

     この日は、アメコミ好きのよしもと芸人から構成されるプロジェクト「アメコミリーグ」のメンバー(なだぎ武、バッファロー吾郎・竹若元博、2丁拳銃・川谷修士、佐藤ピリオド.)も登場。少なすぎるギャラ事情に戸惑っていると、神谷は「当時の先輩があまりにも我々のギャラが安すぎるからということでストライキをやったんですよ」と説明し「僕らも一緒になって西銀座を歩きデモ行進をし…」と当時を振り返った。

     神谷は「当時は先輩たちの後をついていくだけで。その甲斐があって、ギャラが一気に3.3倍にあがりました」とストライキ効果に驚きつつ「ですから、作品の主役は1本でもほかの役でも呼んでいただいたので、そのころから生活ができるようになりました。(ストライキ前は)アルバイトもしていたのですが」と生活が一変したとなつかしそうに話していた。

     映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は、1985年に『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした北条司氏の不朽の名作漫画『シティーハンター』をフランスで実写映画化されたもの。フランスで今年2月に公開されると168万人を動員し社会現象となった話題作で、29日に日本でデラックス吹き替え版として公開される。

        
    https://www.oricon.co.jp/news/2149339/full/

    (最終更新:2019-11-24 15:50)


    【【声優】神谷明、70年のデビュー時のギャラは1話2500円とぶっちゃけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ドカベン』は、水島新司の日本の野球漫画、およびそれを原作としたアニメ・映画・ゲーム作品。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、1972年から1981年まで連載された。 神奈川県の明訓高校野球部に所属する主人公の「ドカベン」こと山田太郎と、同級生でチームメイトの岩鬼正美、殿馬一人、里中智、微笑三
    45キロバイト (3,508 語) - 2020年8月4日 (火) 11:10



    (出典 i-ogp.pximg.net)



    1 名無しか・・・何もかも皆懐かしい :2015/11/04(水) 17:42:15.20 ID:qCwWa59O.net

    アニマックスで平日25時~放送中でおます。


    【【懐アニ】「ドカベン」 岩鬼の口から出ている葉っぱは何だろう?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    タイガーマスク』は、梶原一騎原作、辻なおき作画のプロレス漫画。1969年にアニメ化、2013年には実写映画化もされている。 1968年から1971年にかけて、以下の漫画雑誌に連載された。 『ぼくら』(1968年1月号から1969年10月号まで) 『週刊ぼくらマガジン』(1970年1号から1971年23号まで)
    65キロバイト (8,108 語) - 2020年8月19日 (水) 00:44



    (出典 i.ytimg.com)



    1 名無しか・・・何もかも皆懐かしい :2020/03/12(木) 10:06:00.30 ID:???.net

    稀代のプロレステレビまんが タイガーマスクを熱く語ろう!

    前スレ
    【黄色い悪魔】タイガーマスク 20【虎の穴】
    https://mao.5ch.net/test/read.cgi/ranime/1564136470/

    【黄色い悪魔】タイガーマスク 19【虎の穴】
    https://mao.5ch.net/test/read.cgi/ranime/1519438873/


    【【懐アニ】「タイガーマスク」が暗すぎるのは、時代なんだろうか】の続きを読む

    このページのトップヘ