(出典 www.gundam.jp)



1 muffin ★ :2020/02/17(月) 14:32:21.87

https://withnews.jp/article/f0200217001qq000000000000000G00110701qq000020457A
2020/02/17

「反省」「敗北」。自身の活動を振り返る展覧会について返ってきたのは、後ろ向きな言葉だった。「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親である富野由悠季さん(78)は、自らに対してとことんストイックです。人類の愚かさへの「絶対的な諦め」があるという世界観。それでも、消えない子どもたちへの希望。富野さんがガンダムをはじめとする作品を通じて伝えようとしていることは何か。話を聞きました。

――島根県益田市の県芸術文化センター・グラントワで開かれている「富野由悠季の世界」展(3月23日まで)では、代表作「機動戦士ガンダム」から、劇場最新作の「Gのレコンギスタ」までの約3千点にわたる資料が並んでいます。自身の仕事を振り返る展示を見て、何か感じ取ったことはありますか。

「自分の視界が決して広くはなくて、『こんなもんなんだ』と突きつけられているだけで、あまり気持ちいいものではないというのが自己評価ですね」

「基本的におもちゃ屋がスポンサーで、巨大ロボットものを作らないといけないという条件があったから、なんとか色合いを変えて作ってみたいと思った。だけど、自分に思想性がないために、作家として狭すぎることが、こういう風なものしか作れなかったという反省を突きつけられていると、いちいち感じています」

「本来、作家というのは、もう少し幅が広くないといけないという理想論があるんです。ですから、作家としてあるべき理念に対して近づくことができなかったという悔しい思いがあります」

――今ならもっと良い物を作れたという反省があるのでしょうか。

「優れた作品というのはやはりこんなものじゃないです。何が一番足りなかったかというと、単純に学力がなかった」

「例えばダンテの『神曲』は、大学生の時に読んでただただすごさを感じた。20年ぐらいたってから、なぜダンテがあれを書けたのか分かった。ダンテが生まれ育った土地が持っている伝承話を集めて、集大成にして自分の物語ラインに持ってきた。そういう構造があって神曲が書けたんだと分かった」

「その時に、自分の妄想だけで戯曲、詩の一つも書けると思うなよと感じたんですよ。作家たる人は、それをみんなやっている。自分の人生の機微や、じいちゃんばあちゃんが言っていたこと、色んな小説を読む中で身につけていった学識などで作っていると感じています」

――社会問題などを反映し、単なる勧善懲悪にならない深みのあるストーリーがあったから、ガンダムは同時代の他のアニメとは違う評価になったと感じています。ガンダムに対する世間の評価をどう分析しているのでしょうか。

「科学技術とか機械工学とか、大衆自動車が世間に一般化してきた時に、分かりやすいという部分で評価されたにすぎないと感じます」

「(ガンダムが放送された1970~80年代は)モータリゼーションの時代だったから、ガンダムが見られた。そのことがガンダムについての固有の評価なのかあやしいと思います」

――ガンダムの世界では、地球の資源問題や環境問題も大きな社会背景として出てきますが、そういった現代的な問いを投げかけたかったのでしょうか。

「簡単な言い方をすると、『真』を打つことができていない。人類がここまでやってきたことが真なのか、真ではないのかという話になった時に、この部分を書きたかったけど、力不足で誰も目を向けてくれなかった」

「ガンダムの延長線上にあるから、分かりにくいのは承知の上です。しかし、やはり結果を知れば敗北感しかないです」

続きはソースをご覧下さい


(出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


(出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)





18 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:44:44.93

>>1
イデオンがあるだろ

ガンダムは池沼を釣り上げて集金さえできれはいいんだ


70 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:19:46.29

>>1
随分と真面目に語ってるな


85 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:33:25.76

>>1
この人、本当は自分は天才だってことに気付いてるはず。
ただ自分が増長しないために最大限気を配って事故卑下してるに過ぎない。
そこに器のデカさを感じる。


89 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:36:57.57

>>85
富野は自分が天才でないことを理解してる

本物の天才はハリウッドにいると。
ハリウッドに及ばなくて悔しい
みたいなことを以前言ってた


6 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:37:30.19

>>4
ここまでやっておきながら成功って思ってない俺かっけーだから気にすることはない


5 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:37:25.11

富野はイデオン。


7 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:38:40.29

富野が悩んでいるような事って
何か特別みたいに思えるけど
文壇のお決まりネタだよな

自意識をどう処理するかという問題


8 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:38:48.59

うん
確かにあんま頭のよくない自己分析やな(笑)
まあガンダムは富野だけじゃ無くその他の色々スタッフの構想を持ち寄って上手く噛みあったのが成功の要因かね
この人だけじゃその他の有象無象のゴミと変わらん出来だっただろうな


13 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:42:09.00

環境少女のグレタさんが好きな富野監督だしな。
まあこんなものよ


15 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:43:33.65

スターウォーズと同じで
富野由悠季の意見に関係なく
金になる限りバンダイが続編を作る


19 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:44:45.04

この人の書く台詞は、ちょっと文法おかしいんだけど、でもだからこそ強烈に印象に残る
逆に言えばこの人の成功要因はそこしかない
ガンダムのビジュアル的な魅力は別にこの人の功績じゃないし


30 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:49:34.70

>>19
独特な台詞廻しから来る心地よさは富野監督しか作り出せないよな
ユニコーン観て心から思う


99 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:46:53.77

>>19
ガンダム特番で脚本と実際のセリフが大幅に違うのがよく分かったわ


21 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:46:22.32

単なる子供向け販促アニメをそこまで考えて創っているのはほんと凄いわ
後の世に残る作品はここまで大変な思いをして創作されたものなんだな


22 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:46:43.38

「テレビまんが」としてスタートしたけどえらくブレイクしちゃって
バンダイに好きに出来る権利渡したこと後悔しまくってるパターンだな


27 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:47:46.72

>>22
とはいえ、元々ガンダムの原作者は矢立肇文芸部長であって
富野は雇われ監督に過ぎんからなあ


38 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:53:33.89

>>27
基本的には主にサンライズの企画スタッフの共用ペンネームである
1980年代前半頃までは矢立肇は複数の人物によるペンネームではなく、「企画部長」だった山浦栄二個人だと認識されていたとの関係者の証言が存在する。

らしいよ


23 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:46:46.35

気難しい人だなぁ
だからこそあーゆー作品ができたんだろうけど
富野監督が完璧ではないと思ってたとしても、
その半端な状態で作った作品であの面白さなんだから
むしろ未熟だからこそできる作風ってのがあるんじゃね
完璧に仕上がってる人が作る作品って逆につまらなそうだし


26 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:47:40.12

やっぱり、ダンバインが一般人に全く評価されていないからじゃね?
(´・ω・`)


77 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:28:33.01

>>26
それ以上に過小評価されてるのはザブングルだな
あんな気楽に見られるロボット西部劇を作ると*げーわ
小学生の甥にザブングルの話をしてたら途中までお笑いの方だと思ってたし
シネよあいつら


28 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:48:18.65

ザ・ウルトラマンにスタッフとられて人員不足で現場はボロボロ
安彦も入院とかで打ち切り決まった時はスタッフ一同ほっとしたって聞いた(´・ω・`)


31 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:51:13.07

1970年代の神曲だらけのアニソン界ではガンダムの音楽は映画の「哀戦士」までたしかに大敗北だよ。

東映スパイダーマンにさえ大量コールドで負けるレベル。


40 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:54:57.24

>>31
たかじんが富野を嫌うきっかけになった
やしきたかじんが作曲、井荻麟(富野)が作詞した
スターチルドレンは良かった


37 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:52:08.30

ていうか御大78か

ふと永野護の歳ググったら60、みんな歳くったね


43 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 14:58:40.30

絵が出来ないくせにモビルスーツの動きが凄いのはこの人の絵コンテが凄いのかね?


46 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:01:57.19

>>43
絵が出来ないって言っても安彦良和よりは下手っていうだけで
進撃の巨人の人よりは上手いよ


49 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:02:08.55

>>43
アニメの中のスケールがめちゃくちゃで、それがTV画面を通すと、広がって見えるのかも

リアルに作ると、画面のサイズ通りに見えるのよ?(´・ω・`)


48 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:02:02.49

そりゃあれだけの金づるコンテンツをたった15万でサンライズに買い叩かれたのだから敗北だろうな


63 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:13:43.24

>>48
なんかこんなにいじけるのもわかる気がする


53 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:06:02.74

たかがアニメで考え過ぎ。クリエイターたるもの売れたらそれで勝ちよ。小難しい議論はオタクにやらせとけ。


69 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:18:53.43

>>53
伝えたいものが伝わってないとか言ってるし、ロボデザのかっこよさで受けたようなもんだから
自分が関わってるからこそ売れたとは認識してないんじゃね


56 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:08:53.46

富野監督のガンダムは常に苦行のような話があるよな
前話よくみたなあ俺という満足感を得るために観賞するものだと思う


60 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:09:59.92

イデオンがあるやん
制作秘話めっちゃおもろかったよ
あの*みたいなデザイン渡されて話書いてくれって頼まれてちょっと待ってくれと
後日これは第6文明人の残した遺跡ですってw
皆さん「え?」ってなってたらしいよ
レスキュー物の予定らしかったからさw
だから赤白カラーで合体ロボなのねって納得したもの


64 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:13:43.83

ガンダムにかかわって敗北したのは
クローバーとレベルファイブだけだろw


91 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:37:45.53

>>64
クローバーは儲かった
潰れたのは別の理由

ダンバインは好きやで


67 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:18:26.46

如何な富野といえど
綺麗に終わった作品の続編は作っちゃダメですよってこった
ザンボット、ダイターンの続編話が持ち上がったとして
失敗しか見えてこないだろ?


82 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:29:54.00

>>67
じゃあ君、カミーユをやれwwwww


71 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:20:19.20

昔のインタビューでもガンダムを否定的に語ってて、インタビュアーが
つまり富野さんとしてはガンダムはやりたくなかった作品だったんですね?と尋ねたら
自分の言葉を額面通り受け取らないでくれとか逆ギレしてたこともあったからな。


72 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:21:14.14

まぁ,でもな,日本の70年代後半から80年代で思想性を出そうとしたら
左翼に絡めとられちゃうんだよ。勿論,宮崎駿のようにそれで平成の30
年間通じて神格化してもらえたというのはあるけどな。そこをちょっと
外すことができたらガンダムシリーズはこれからも生き残ることはでき
ると思うな。


73 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:22:43.51

世界で通用しなかったから敗北って考えなのかね


83 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:30:47.59

>>73
自分の嫌いなオタクがガンダムを支えていてそこから抜け出せなかったから


86 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:35:13.57

>>73
>>1読んだら「いろんなものを作る作家になりたいのに作ったものは偏ってる」というのが要旨だということがわかると思うが


87 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:35:35.03

文学的に評価してほしいというか
そう評価されるものが作りたかったんだろうな
でもそれには文学的に語りたくなるような取っ掛かりというか いわゆる学識みたいなものが足りてなかったという自己分析かね


94 名無しさん@恐縮です :2020/02/17(月) 15:38:50.71

>>87
文学的に評価されたらされたで違う層にも伝わる手法を確立できなかったとか言い出すと思う