恐怖劇場アンバランス』(きょうふげきじょうアンバランス)は、フジテレビ系列で1973年1月8日から4月2日まで毎週月曜日23:15 - 翌00:10(JST)に放送された日本のテレビドラマ。円谷プロダクション制作。全13話。 なお、タイトルの「劇」の字はロゴ上では略字になっているが、それ以外では
27キロバイト (3,279 語) - 2020年6月17日 (水) 19:14



(出典 blog-imgs-121.fc2.com)



1 どこの誰かは知らないけれど :05/01/25 21:30:15 ID:5kMw5nx5.net

「ウルトラQ」で不採用に終わったタイトルを円谷プロが蘇らせ、大人向けのドラマとして昇華させたシリーズ。
制作されたのは1969年だったが、放送時間を獲得する機会を逃しお蔵入り。
制作から約3年経った深夜にようやく放送されたという不遇の作品。
各話冒頭のホスト役を青島幸男が務めていました。

心臓の弱い方、お一人で御覧になる方は、この「恐怖劇場アンバランス」はご遠慮ください…





2 どこの誰かは知らないけれど :05/01/25 21:34:03 ID:FXpxbnLW.net

「死体置場の殺人者」や「墓場から呪いの手」も良いが、
個人的に「*のゲーム」はドラマ的に見応えが有った


3 そーなんですよ川崎さん :05/01/27 21:18:52 ID:1xOTgWla.net

昭和48年の1月に23時15分から放送されて、
オレも見たかったけど
まだ小4で親にしかられるから見れなかった。
でも当時見てたらトラウマになっただろうな。

LDボックスがでた時はすぐ買った。
そして夜トイレにいくのが怖くなった。
そのときオレは30歳(笑)。


6 どこの誰かは知らないけれど :05/02/06 09:23:14 ID:O8U9HV3f.net

>>3
>そして夜トイレにいくのが怖くなった。

あ~わかる。自分はハタチかそこらでローカル局の深夜枠で観たんで
すが、あのオープニングはマジ怖い!あの音楽と黒猫、血まみれの手が!!!


4 どこの誰かは知らないけれど :05/01/28 04:08:55 ID:zbL6YpS0.net

撮影は殆ど昭和45年なんでしょ?


9 どこの誰かは知らないけれど :05/02/06 23:04:23 ID:ChEjUMna.net

墓場から呪いの手だっけ?
アレは面白かったけど、残りはなんかイマイチだった。
つーか、求めていたものが違いすぎたみたいで、怖くもなければ
頭にも残らない。
特に、第一話はずっこけた。
一応全話二回周観たんだけど…

そういう人っていなかった?
いっとくけど、あおりじゃなくて本気だよ。


11 893 :05/02/08 13:35:52 ID:hP3Jfzuw.net

撮影は昭和42、3年頃。
山本耕一氏が出る12話は名作。


13 どこの誰かは知らないけれど :05/02/08 21:09:09 ID:JqsSKJVa.net

>>11
「恐怖劇場アンバランス」は、1969年の7月にクランクイン。


14 どこの誰かは知らないけれど :05/02/10 13:33:17 ID:hRKSi73H.net

仮面の墓場が一番面白い。
西野ツルたん萌えぇぇ!!


15 どこの誰かは知らないけれど :05/02/11 03:45:37 ID:CqqLUbTq.net

西村晃版狂鬼人間みたいなエピあったよね


16 どこの誰かは知らないけれど :05/02/11 03:49:56 ID:U72+uJ1V.net

>>15
夜が明けたら

たしかに狂鬼人間だわな、ありゃ


17 どこの誰かは知らないけれど :05/02/12 02:09:34 ID:3bFKenl1.net

みぃーんな グル だ!!


20 どこの誰かは知らないけれど :05/02/26 03:14:24 ID:D05x+89Q.net

第6話って松本清張が原作なんでつね


21 そーなんですよ川崎さん :05/02/26 16:56:52 ID:0IvhYpe2.net

LDは42000円したが、200000円分怖かった。
第9話「死体置場(モルグ)の殺人者」も傑作。
壊れたオルゴールから「エリーゼのために」が流れると…
途中、よせばいいのに友情出演の野坂昭之が出てきて
早口すぎるセリフでドラマをダメにしそうになった。
それでも怖いエピソード。
ロケした大学は成城?

それから第9話はカットしすぎて
解剖学の初日の講義中にゾンビが現れるシーンで
パターン的には
「アップの手からホルマリン液がしたたる」カットがあるはずなのに
編集で入れ忘れたのは残念。
でも怖かった。


22 どこの誰かは知らないけれど :05/02/27 20:40:17 ID:NdX7PlaB.net

>>21
一説によると「あまりにも怖かったので編集で積極的に怖いカットを落とした」らしい。


25 ジョイ :05/03/07 16:25:46 ID:rZxaovX2.net

>>22
カットされたのは
「二度と生き返らないように切り刻んでやる!」と
実習にかこつけて死体を切り刻むシーンだと思いましたが。


23 2ちゃん初心者 :05/03/06 23:29:18 ID:Cyo34phf.net

でも一番怖かったのはアイキャッチの手だよな。
うちの嫁もLD見ていて、そう言ったもん。


26 ジョイ :05/03/07 16:33:10 ID:rZxaovX2.net

ところで第2話「死を予告する女」では
主役の作詞家・蜷川幸雄とからむ
作曲家に財津一郎、ディレクターに故・名古屋章という
われわれにとって夢のコンビが実現しています。
もちろん2人ともお約束のギャグをやっています(笑)。


27 ジョイ :05/03/07 16:42:01 ID:rZxaovX2.net

また第4話「仮面の墓場」の冒頭の砂浜で
「ごんべ種まきゃカラスがほじくる
 ごんべ悲しや種なし畑
 カラス憎らしゃ石投げて*」
という縁起の悪い歌を歌ったあと
高野弘幸から義眼を奪って逃げる子役は
「アンパンマン」などでおなじみの声優の
鶴ひろみです。


29 どこの誰かは知らないけれど :05/03/08 04:14:08 ID:GsnitZAZ.net

存在は知ってたが半ば伝説的雰囲気もあった中、大学時代(1980年代中頃)にいきなり夜中に地上波でやって驚いた(福岡県)。
で、全話観たけど、富田勲のBGM(マイティ・ジャックの流用もあったな)が何でも無いシーンでもやたら重いシーンにしていた印象が強い。
後、キャスティングは冴え渡ってた。
「夜が明けたら」の花沢徳衛と山本麟一の刑事コンビ、「死を予告する女」の蜷川幸雄、名古屋章、財津一郎トリオ、逃避行サラリーマン梅津栄、唐十郎も良い。
回で言えば、個人的には「死体置場の殺人者」が印象深いなぁ。


39 どこの誰かは知らないけれど :2005/03/25(金) 00:40:58 ID:ZocZoA/k.net

>>29>>30
たしかに私が小5くらいのころ(1980年ころ)深夜にやってた。
ただ、番組欄のタイトルは「恐怖劇場アンバランス」じゃなくて
各サ*イトルだけだったような・・・
吸血鬼の話、見たくて、親父に「深夜番組見ていい?」って聞いて
目を丸くされた記憶あり。


33 どこの誰かは知らないけれど :05/03/13 10:42:31 ID:5X1qpcaR.net

男に*れて、バラバラされた女の手が自分の体を
かき集めて*た男に復讐する話って、70年代の終わりか、
80年代の初めに2時間サスペンスでリメークしてなかった?
(タイトルも違ってたと思うけど)
手首はアンバランスの時のような凝った物ではなかったけど。


34 どこの誰かは知らないけれど :05/03/13 14:12:01 ID:6/mFQ5tO.net

>>33

「白い手 美しい手 呪いの手 (1979) 」

http://www.tky.3web.ne.jp/~omegaman/w-e5kaik.htm


35 33 :05/03/13 14:33:13 ID:5X1qpcaR.net

>>34
ありがとう!


57 どこの誰かは知らないけれど :2005/06/16(木) 21:08:58 ID:dZvSQ5Ob.net

>>36
昭和61年夏、名古屋の中京テレビでやってました
深夜2時位から「club26」と言う枠で月~金曜、毎日1話づつ放送しており、その時のビデオ今も有ります(物置の中)
ホストの青島氏は登場しませんでしたが、全話中の殆どを放送してました
(「墓場から呪いの手」「死体置場の殺人者」「猫は知っている」「吸血鬼の絶叫」「地方紙を買う女」等を放送)
この頃中京テレビは、よく特撮番組の再放送をしていて「怪奇大作戦」の京都編2作、「昭和ヒーロー列伝」(含セーラーファイト)「真夏の恐怖映画特集」等々…
マニア歓喜の内容でした
「死体置場の殺人者」は確かカットなしでしたよ


37 どこの誰かは知らないけれど :05/03/17 22:33:35 ID:kC6kcUn4.net

佐々木功・・・今井健二にボコボコにされてた。
真理アンヌの首がゴロッととれて転がるのは良い。


38 どこの誰かは知らないけれど :2005/03/21(月) 18:47:09 ID:Fk1skE3l.net

「仮面の墓場」と「墓場からの呪いの手」をビデオで見ました。
いきなり物語がはじまるバージョンのやつ。青島幸男のストーリーテラーが
見たかったからちょっと残念。唐十郎の一人芝居のシーンに「MJ」の曲が
流れたんでビックリ。緑魔子が怖かった。


48 えんらく ( ´∀`)ノ 電話屋 ◆y48BO3A2QI :2005/05/09(月) 00:10:30 ID:AkMNuYsz.net

「木乃伊の恋」は面白いかといわれると(´・ω・`)?かもしれないけど
あの妙ちくりんな展開と雰囲気が好きだったりするなぁ

このシリーズ、なんでか十数年前のある夏の深夜にCBC(名古屋)
で再放送してたのを見たのが初見でした。よく知らないで見てたので
すごく面白かった&怖かったのが印象的です。まさに夏の深夜にぴったり♪

個人的には「死を予告する女」が怖かったかなぁ……数年前にNECO
で再見したときに、蜷川幸雄・財津一郎・名古屋章というなかな*ごい
面子だったことに気がつきました。みんな若い(´・ω・`)


49 どこの誰かは知らないけれど :2005/05/10(火) 12:00:14 ID:bLmkDvj5.net

怪奇大作戦でさえも食玩化されちゃったが、
もしこのアンバランスが食玩フィギュアとして出るならラインナップはどうなるだろう


50 どこの誰かは知らないけれど :2005/05/15(日) 15:48:57 ID:7MjH+GSn.net

アイキャッチもめちゃ不気味


51 49へ :2005/05/15(日) 22:59:28 ID:DTu8dGbH.net

ミッチーの生首
緑摩子 義眼 仮面 唐十郎
山本耕一
原友美?
無理かなー


53 どこの誰かは知らないけれど :2005/05/25(水) 09:22:17 ID:L1cJnQIU.net

>>51
山本耕一のフィギュアはいかがなものか


54 ウチのジョニーはパンダさーん! :2005/05/28(土) 15:57:15 ID:KXQ46HML.net

>>53
山本耕一が包丁で死体を解体するフィギュア。


61 どこの誰かは知らないけれど :2005/06/18(土) 20:20:38 ID:ZsfxTN4k.net

「猫は知っていた」の原保美は、
的矢所長のイメージが強すぎて、悪役なんだけどピンとこなかった。


62 どこの誰かは知らないけれど :2005/06/18(土) 22:49:56 ID:2km33+HN.net

「墓場から呪いの手」バラバラにされた姉の手首が山本耕一に迫る…
ラスト、追い詰められた妹のピンチに手首が現れ山本を殺害する
目的達成の後、徐々に干乾びて行くシーンは不気味だった


63 どこの誰かは知らないけれど :2005/06/20(月) 19:42:07 ID:pCR6iH3Z.net

「墓場から呪いの手」では、風呂場からすすり泣く声が聞こえてくるのも
すごく不気味だね。
「モルグの殺人者」は最恐、参りました・・・


64 どこの誰かは知らないけれど :2005/06/21(火) 00:59:29 ID:uYfR8YH0.net

↑大学内の研究室、ホルマリンのプール内に解剖用の死体が浮き沈み
その後、講義と称して跳ねた男の体を念入りに解体する教授(犯人)…
助手達の見守る中、狂った様に解体する姿は鬼気迫るものを感じた!


65 どこの誰かは知らないけれど :2005/06/23(木) 06:04:09 ID:+h2+Q99l.net

怪奇大作戦や恐怖劇場アンバランス見て思うけど、
やっぱ生きてる人間が一番こわいよなあ。


67 どこの誰かは知らないけれど :2005/06/30(木) 06:16:44 ID:+3UKCNNx.net

ウルトラQの「あけてくれ」はむしろアンバランス向きの話だと思う


77 どこの誰かは知らないけれど :2005/08/24(水) 02:32:48 ID:yZJaknOh.net

アンバランスのミュージックファイル持ってるけど、年に一回聴くか
どうか...。夜はもちろん、昼間も恐ろしくて聞けない...。
「吸血鬼の絶叫」「墓場から呪いの手」「蜘蛛の女」は見た事ないけど
あの音楽で色々想像して恐怖を膨らませてしまう。
「死体置場の殺人者」「死骸を呼ぶ女」はダビングテープ持ってるけど、
あまりの恐ろしさ・禍々しさ(特に前者)に震え上がってもう2年ぐらい
押入れに封印状態っす...。「死体置場~」は何といっても、ゾンビに
なった村田が、妻と一人娘に別れを告げにアパートに帰ってくるくだりが
何とも切なくて。


79 どこの誰かは知らないけれど :2005/08/24(水) 23:54:59 ID:C8KyK8c0.net

「吸血鬼の絶叫」はあんまりおもしろくないよ。
おすすめは「サラリーマンの勲章」。
上原正三がこんなの書くんだ!!と驚いたモンだよ。
ちょうど宇宙刑事シャイダ-をやっていたころだったので。

関西テレビで1984年8月に深夜で再放送。


80 77 :2005/08/25(木) 00:32:25 ID:Mv7ep0Za.net

俺は新潟だけど、こっちではアンバランス放送されてない気がする。
同時期の「ジキルとハイド」は1979年頃やってたけど(平日の深夜なので
親が見せてくれなかった...)。
「吸血鬼の絶叫」、今イチだって話はよく聞くけどやっぱりそうかなぁ~。
某サイトであらすじを読む限り、話の整合性に難ありかなぁとは思うけど。
でもあの音楽をバックに、勤め帰りのOLを地下道で襲う冴えない中年男の
吸血鬼(というよりは吸血鬼マニアの狂ったオヤジ?)なんてのには、リアリ
ティを感じてスゲー怖い...。深夜、電柱の影とかにああいう狂ったオヤジが
隠れていそうだw。


84 どこの誰かは知らないけれど :2005/08/31(水) 15:45:51 ID:9iR3SOtA.net

蜷川幸雄の出ている作品ってなかった?


85 どこの誰かは知らないけれど :2005/08/31(水) 20:27:10 ID:YvpeR0mZ.net

>>84
第2話「死を予告する女」


86 どこの誰かは知らないけれど :2005/09/02(金) 02:30:49 ID:aHOpPNxk.net

>>85
今見ると使い古されたオチなんだけど、
当時はかなり斬新だったんだろうね。

きちんとした作りで面白い作品のひとつだと思う


87 どこの誰かは知らないけれど :2005/09/02(金) 16:13:43 ID:A77qdJhA.net

蛇に*れるって奴ね、 怖かったなぁ~
蜷川の弟子の女の目が怪しく光り、まるで蛇の様に暗く冷たい視線が印象的
この時、友人役の財津一郎は渋い演技をするが、普段のコミカルな部分が無いのでギャップを感じる
蜷川は死亡予告の電話や蛇の幻覚に脅え財津にかくまって貰う訳だが、最終的には蛇を模ったろうそく立てに刺殺?される
その直後、電話から女のスキャットが聞こえてくるが、財津の引きつった表情は今でもトラウマだ


92 どこの誰かは知らないけれど :2005/09/03(土) 06:40:45 ID:eTXpw5TA.net

>>87
ラストの電話、スキャットじゃなくて*予告だったらもっと怖かったのにな…


94 どこの誰かは知らないけれど :2005/09/05(月) 20:35:06 ID:zSUbzzMf.net

死体置場の殺人者みた。
*であんだけパワーあるなら、他の人間だって
パワー出せそうなもんだが・・・


95 名無しさん@そうだ選挙に行こう :2005/09/10(土) 19:56:19 ID:U+cWmRkU.net

死体なのに包帯巻いて家に帰ってくるとこが切ないね
教授んちには最後に壊れてないオルゴール届けてるし
電話かけたり運転もできるマメなモルグ野郎


97 どこの誰かは知らないけれど :2005/10/05(水) 00:38:05 ID:7CaR8E+d.net

大学時代に入ってたサークルで、そこのOBが編集した特撮ダイジェストビデオに収録されてた映像を見たのが、アンバランスとの出会いだった。怖すぎるテーマ曲がとにかく印象に残る。
後日CDショップでサントラを発見し、即購入。鳥肌立てつつCDを聞きながら、恐怖世界を脳内で構築。
その後レンタル屋で、「木乃伊の恋」を発見。喜び勇んで借りて見たが…


…脳内で構築した恐怖世界はもろくも崩壊。
定助さぁん…おらぁ参っただよ('A`)
(でもその後、8回ぐらい借りたw)


98 どこの誰かは知らないけれど :2005/10/05(水) 01:46:46 ID:TQH9rJPd.net

>>97
あれは放送こそ第1話だけど、制作は10話と後の方だから、
純粋な意味での(制作初期のような)恐怖ものってわけじゃないもんね。


100 どこの誰かは知らないけれど :2005/10/05(水) 22:55:30 ID:FJwJdGSO.net

「木乃伊の恋」の放映直後、大和屋竺のところに大学時代の恩師から電話があり、
「あの木乃伊はひょっとして君ではないか」と。