本多 猪四郎(ほんだ いしろう、1911年5月7日 - 1993年2月28日)は日本の映画監督。山形県東田川郡朝日村(現・鶴岡市)出身。東宝特撮をはじめとする数多くの映画を演出した。 名前の読みを「いのしろう」とした書が多く出版されており、また本人もニックネームで「いのさん」「いのしろさん」などと呼
31キロバイト (2,857 語) - 2020年7月6日 (月) 21:49



(出典 image.chess443.net)



1 この子の名無しのお祝いに :2008/09/07(日) 12:20:36

特撮おじさん、本多猪四郎
http://bubble6./test/read.cgi/rmovie/1147140649/
特撮おじさん、本多猪四郎2
http://bubble6./test/read.cgi/rmovie/1195138891/

10月よりハイビジョン ゴジラが日本映画専門チャンネルで放送されます。





5 この子の名無しのお祝いに :2008/09/11(木) 23:39:08

DVDにて「サンダ対ガイラ」を観た。
侵攻してくるガイラに対して、思わず発砲してしまう隊員とか、
(桐野洋雄の「何処の命令で発砲してるんだ!!」の台詞もイイ!)
サンダ出現の時、あおりをくらって転げてくる隊員の描写とか、細かい演出がよい。
本多監督の映画に観られるリアリズムと、黒澤監督の演出とでは、何が違うのだろう...?


9 釈迦厨 :2008/09/15(月) 10:00:08

>>5
ガイラが上陸して非難する主婦が子供に対して
「~ちゃん、何やってんの!グズグズしないで」とか叱咤する
セリフとかが何気なく入れられてて芸が細かいんだよなあ。

ああいうのが真のリアリズム演出だろw。


7 この子の名無しのお祝いに :2008/09/14(日) 10:49:51

70年代の本多監督は、円谷プロの「帰ってきたウルトラマン」、「ミラーマン」などの
特撮テレビシリーズの演出をしていたが、シリーズのカラーを決める第1話、2話を
担当している割には、シリーズのメイン監督と言う訳ではないみたいだね...。
「帰ってきたウルトラマン」などは、怪獣をめぐる大規模な前後編のエピソードが多いので、
本多監督が演出してもよさそうなのに...。
ギャラの問題なのだろうか?
「ミラーマン」でも、何気ない日常で、何か異常な事態が進行しているという、
シリーズ初期の暗いふいんきがよくでていたので、もっと本多監督を登用してほしかった。
「ミラーマン」第1話のインベーダーが、アイアンに変身するところなんか、
本編での立ち回りのシーンのあと、ミニチュアセットに人物を合成するなど、
繋ぎ方が上手だと感じる。


10 釈迦厨 :2008/09/15(月) 10:02:00

>>7
脚本を担当した上原正三が帰マン一話の監督が本多先生と聞いて腰を抜かしたそうだね。
何しろ雲の上の人だから。


16 この子の名無しのお祝いに :2008/09/15(月) 20:20:31

>>8
本多さんは晩年黒澤組に監督補佐?だかで参加してたから、油井さんとも旧知でしょ。
そういえば所ジョージが何かの番組で
黒澤と本多と3人でラーメン屋行った話してた
ことあったな。


11 この子の名無しのお祝いに :2008/09/15(月) 11:29:48

「帰ってきたウルトラマン」は、最終回も本多監督の演出だったが、
いかにも、「もう予算使い果たしました...」みたいなふいんきがよくでてたね。
予算については、本多監督もどうしようもなかったのだろうか...。


12 この子の名無しのお祝いに :2008/09/15(月) 11:43:55

そして「サンダーマスク」や「10-4-10-10」に。


13 釈迦厨 :2008/09/15(月) 12:03:55

流星人間ゾーンもな。

本多先生自体怪獣映画の監督ってイメージが強いから特撮の仕事しか回って来なかったんだろう。


14 この子の名無しのお祝いに :2008/09/15(月) 12:58:30

アマチュア連合特撮大会でパンフにサイン貰った。
隣にいた平田昭彦さんと連名で。
誰も知らんか、特撮大会なんて。


17 この子の名無しのお祝いに :2008/09/15(月) 21:00:22

伊福部昭 SF特撮映画音楽の夕べの時に、ゲスト出演に来て、けっして舞台中央に行こうとしないんだよね。
平田昭彦がひっしによんでるのに(笑)、本多監督らしいなぁって今にして思うよ。


18 この子の名無しのお祝いに :2008/09/16(火) 22:31:28

遺作が「メカゴジラの逆襲」なんだが、実質的な昭和のゴジラシリーズの終焉を、
本多監督が演出したというのも、縁(えにし)というものか...。
「メカゴジラの逆襲」の劇中で、チタノザウルスの横須賀襲撃の際、横須賀市役所の
広報車が避難を呼び掛けていたり、武装した自衛隊員が警戒していたり、機動隊員が、
避難誘導していたりと、宇宙人が出て来る荒唐無稽なお話のようでも、細かい演出を
しているのが印象的だった。
ただ、惜しむらくは、中野特技監督の特技演出が浮いていたことかな...。
有川特技監督であれば、もっと違った印象だったかも...。
ところで、1984年のゴジラ復活まで、いろんな検討稿が出ていたようだが、
本多監督へのオファーは無かったのだろうか?


21 この子の名無しのお祝いに :2008/09/17(水) 16:39:53

>>18
>実質的な昭和のゴジラシリーズの終焉を、
>本多監督が演出したというのも、縁(えにし)というものか
田中友幸としては、恐らくシリーズもこれで終わりだろうから、
死に水をとらせる意味で、本多に好きにとらせたんでしょう。

>>20
>東宝が本多に対してやった仕打ちを考えれば
どんなこと?

>黒澤が本多を黒澤プロの重役に迎えたのは
重役だったの?


23 この子の名無しのお祝いに :2008/09/17(水) 19:53:21

>>21
60年代半ば、東宝は監督陣の中で真っ先に本多を契約解除(事実上のクビ)にした。
その後も年一本ペースで監督作品はあるけど、契約解除になっているので毎月の給料は当然支払われず。

黒澤プロの重役だったかどうかは知らない。
84ゴジラの時は黒澤が『乱』を準備して撮影目前だった時期なので、それも受けなかった要因のひとつかも。


19 この子の名無しのお祝いに :2008/09/17(水) 00:02:19

84年ゴジラを含め当然あったが、熟考の末断った
プロジェクトのプレッシャーがあまりに大きく
もし失敗したら、それまでの栄光に泥を塗ることになる
本人もさることながら、周囲がそう反対した


20 この子の名無しのお祝いに :2008/09/17(水) 11:40:42

>>19
というか、東宝が本多に対してやった仕打ちを考えれば
何を今さらという感じだったんだろう。

黒澤が本多を黒澤プロの重役に迎えたのは
経済的に困らないようにという配慮からだった。

本多が断ったのは(そんな仕事無理して引き受けなくとも)
生活できたからだよ。


22 この子の名無しのお祝いに :2008/09/17(水) 19:42:10

あなたとはもう契約更新しませんと
一方的に通知してくび。

1984年のゴジラの橋本幸治が東宝映画の常務取締役の席まで
あてがってもらったのと対称的だろう。


27 この子の名無しのお祝いに :2008/09/18(木) 00:07:27

>>22
その代わり橋本は2本撮ったきりで監督業辞めざるを得なかったよね。

>>25
東宝に限らずどこの会社も社員監督の立場ってそんなもんだったののでは。
ちなみに大映の場合、自分の企画で好きに撮れるのは山本薩夫と市川昆だけだったそうな
(増村保造もかな?)


30 この子の名無しのお祝いに :2008/09/18(木) 18:54:23

>>27
>東宝に限らずどこの会社も社員監督の立場ってそんなもんだったののでは。
まあ、確かにそうだよね。邦画斜陽の中で各社とも合理化を推進した中で、
東宝も監督や技術者の専属契約を解除した。ヒットメーカーであり、キャリアから
いっても相当高額なギャラに達していただろうから、真っ先に本多との専属が見直されたのも無理はない。
ただ、すでに黒澤は東宝から独立させられていたし、この時期、鈴木英夫や千葉泰樹のように、
映画の専属を解除されて東宝テレビ部に移籍させられて人もいる。
その後、監督や技術者、俳優たちも続々と契約解除になった。それが60年代後半から70年代はじめという時代。
「一方的に解除」「仕打ち」とか、あたかも本多だけが悲劇の被害者であるかのような見方はヘンだとは思う。


31 この子の名無しのお祝いに :2008/09/18(木) 20:05:14

>>30
本多の東宝への貢献を考えれば「仕打ち」という表現で
間違いではないだろう。

>キャリアから
いっても相当高額なギャラに達していただろうから

いや、それはない。
日本の映画監督のギャラは安いよ。
そもそも、そんなギャラもらってたら
本多は大金持ちだろ。


45 この子の名無しのお祝いに :2008/11/03(月) 10:56:12

>>31
東映に無茶苦茶貢献した松田定次なんかも似たような時期に切られたし、
時代の流れでしょう。


28 この子の名無しのお祝いに :2008/09/18(木) 03:19:22

>>22
橋本幸治は84『ゴジラ』の興行が目標額に達しなかったことで
自ら監督職を辞めて編成部に移ったんだよ。常務取締役まで
上り詰めたのは、編成部での仕事振りがすぐれてたからで
『ゴジラ』の監督してたこととは関係ないと思うよ。


24 この子の名無しのお祝いに :2008/09/17(水) 20:01:51

奥さんも反対したっておっしゃってるしな


25 この子の名無しのお祝いに :2008/09/17(水) 23:42:20

「グッドモーニング ゴジラ」という本に書いてあったね。
森岩雄から、「もう君とは契約しません」と言われたとか。
理由は定かではないが、あまりにも、特撮は本多と言われたので、
他の監督達のなかにも、何か思う人がいたのでは無いか、とか書かれていたね。
いずれにしても、一方的に契約解除を言い渡された本多監督の心中はどのようなものだったのだろうか...?

あと、本多監督の「今日も我大空にあり」という企画が、いつの間にか、
本多監督も知らないうちに外されていたと言う話を聞いたことがあるが、
その時もどんな気持ちだったのかな...?
なんで、東宝は、そんなこと平気でやるの...?


26 この子の名無しのお祝いに :2008/09/18(木) 00:04:43

やっぱり円谷英二が亡くなったから、本多監督ももう必要ないってことになったのかな・・・


29 この子の名無しのお祝いに :2008/09/18(木) 13:36:39

>橋本幸治は84『ゴジラ』の興行が目標額に達しなかったことで
自ら監督職を辞めて編成部に移ったんだよ。

ゴジラの後も、何かのメイキングやってたはずだけど。
あの橋本さんがメイキングの監督なんかやらされて可愛そうと
思ったのでよく覚えてるよ。
ゴジラの後なのに「君は僕をスキになる」のスクリプターまでやってるんだよな。

>自ら監督職を辞めて編成部に移ったんだよ。

東宝は
本人が移りたいといったら移らしてくれるのかねw
「ひめゆりの塔」「八つ墓村」の製作担当だったね、この人。
2本とも話題作だった割に、ヒット作というわけでもないし
プロデューサーとして特に評価されるような仕事をしてるわけでも
ないようですが。


32 この子の名無しのお祝いに :2008/09/18(木) 20:58:17

本多監督が契約解除になったのは鈴木英夫や杉江敏男が解除になる前、まだ円谷も元気な頃の話だよ。
ただ、その後の仕事ぶりや世間的評価を考えると、杉江監督らに比べれば本多さんは恵まれているけどね。


33 この子の名無しのお祝いに :2008/09/18(木) 21:28:34

円谷英二自身もフリーになってたからな、まあこれは本人が望んでの事らしいけど。


35 この子の名無しのお祝いに :2008/09/20(土) 00:48:43

中国の農村を襲撃した体験とかはちょっと語っておられますね。
平和で牧歌的な村が、あっという間に戦火に包まれていったとかなんとか


36 この子の名無しのお祝いに :2008/09/30(火) 20:36:37

なにげにレパートリー広い監督さんだよね


37 この子の名無しのお祝いに :2008/10/09(木) 00:34:23

本多監督の戦争体験を映画にしたものがあってもよかったかもしれないね。
本多監督自身の企画に、戦争をテーマとしたものがあったみたいだが...。


38 この子の名無しのお祝いに :2008/10/28(火) 23:58:13

「空の大怪獣ラドン」って、本多監督の演出した怪獣映画の中でも、何気ない日常に
異様な異物が現れる雰囲気が良く出ていると思います。
単発の怪獣映画では、「ゴジラ」とも違う異色なお話のような気がするのですが...。
特に、炭坑での殺人事件に突如として、メガヌロンが出現して、一気に炭坑町が騒然となるシーンが
印象的です。
炭坑の描写、殺人容疑者の兄を待つ白川由実や、おかみさん達のやり取りが、一瞬、
この映画が怪獣映画であることを忘れさせます。


39 この子の名無しのお祝いに :2008/10/29(水) 01:31:36

畳とか襖とか浴衣とか、日常のファクターが濃いんだよね


40 この子の名無しのお祝いに :2008/11/02(日) 00:03:38

「空の大怪獣ラドン」については、舞台が北九州、超兵器が出て来る訳でも無く、
通常戦力で、怪獣を迎撃しているところなども、他の怪獣映画とは一線を画しているね。
無常感のあるラストシーンもよい。


41 この子の名無しのお祝いに :2008/11/02(日) 01:24:18

「キングコングの逆襲」の、メカニコングが地面に激突する瞬間、
群集が「オーッ!」と歓声を上げるシーン、見てるこっちも身を乗り出しちゃうよ


42 この子の名無しのお祝いに :2008/11/02(日) 09:00:40

「大怪獣バラン」については、舞台が東北、羽田、超兵器が出て来る訳でも無く、
通常戦力で、怪獣を迎撃しているところなども、他の怪獣映画とは一線を画しているね。
無常感のあるラストシーンもよい。


43 この子の名無しのお祝いに :2008/11/02(日) 21:42:11

ラドンもバランも切ないラストがぐっとくるねえ


44 この子の名無しのお祝いに :2008/11/02(日) 23:09:02

怪獣総進撃久しぶりに見た!
キラアク星人役の愛京子の映画出演と言えば、特撮以外にピンク映画に数本出ているのだが、
その事について何か情報があればよろしく…


47 この子の名無しのお祝いに :2008/11/04(火) 02:00:53

>オール怪獣
あの使いまわしばかりの低予算作品を、
「とても楽しんで撮った」とにこやかに語る監督の
ポジティブシンキングに心底驚愕した記憶が。

しかし考えてみれば、もともとSFとかスペクタクルよりも、
人間的な世界を描きたいと思ってた人なんだよね。
田中友幸さんも、「僕がゴジラばかりやらせていなかったら、
彼は成瀬巳喜男のような監督になっていたかもしれない」と言っていたし。
本来の資質にあっていた題材なのだろうな。

そういう視点でこの間見返したら、
列車をはさんでの親子の会話とか、
怪獣島のセットにはほとんど金をかけないで
廃墟のセットを丁寧に作りこんでるところとか、
新しい発見がたくさんあった。
テレビドラマじゃなくて、ちゃんと「映画」になってるんだよな。


48 この子の名無しのお祝いに :2008/11/04(火) 10:44:29

オール怪獣のハリウッドリメイクが「ホームアローン」


49 この子の名無しのお祝いに :2008/11/04(火) 22:34:18

白人の金持ち息子がマイノリティーいじめるような映画と一緒にしないでくれ


50 この子の名無しのお祝いに :2008/11/05(水) 18:17:42

出動する自衛隊の描写とか、群集シーンが上手ですね。
他の監督には真似のできない、本多監督一代の演出だと思います。
撮影技術も、一代限りの円谷英二との出会いも必然だったような気がします。
金子修助や、手塚昌明なんかは、リアルを求めつつ、ケレン味のある演出ですが、
本多監督は、淡々と撮影している感じですね。


51 この子の名無しのお祝いに :2008/11/05(水) 21:37:01

淡々とし過ぎて逆に作品世界に感情移入できない場合もあるのが本多演出の弱点か。

ただ昭和30年代後半以降になると多少本多演出も初期の真面目一本槍でなく多少のケレン味も
出て来た様な気ガス。


52 この子の名無しのお祝いに :2008/11/10(月) 18:09:55

>51
まあ、でもそういった演出が、特撮映画というジャンルで、ドキュメンタリックな映像を
造っていたのも事実だね。
「サンダ対ガイラ」なんか、「東京湾は護衛艦隊により封鎖の体制を整えつつあり」とか、
L作戦での、幕僚の司令への報告、無線連絡などで、ガイラの侵攻に対する部隊の展開が、
説明されていて、非常にかっこよい。


53 この子の名無しのお祝いに :2008/11/11(火) 08:36:28

メーサー車という架空の兵器にリアリティを与えるには
ああいう淡々としながらも堅実な演出の積み重ねが必要なんだろうな


54 釈迦厨 :2008/11/11(火) 21:57:43

>>53
胴衣です。

憲法とか持ち出せばリアリテイが出ると思ってる香具師は阿呆www.


55 この子の名無しのお祝いに :2008/11/11(火) 22:34:06

自衛隊とか登場人物が、ゴジラに妙な思い入れを持ってるのが平成シリーズ。
本多監督作品の登場人物は、自然災害に対する姿勢って感じだな。


56 この子の名無しのお祝いに :2008/11/15(土) 23:09:15

平成ゴジラシリーズの登場人物達は、ゴジラを人類の敵、或いはゴジラとの戦いで戦死した仲間の仇と
認識しているが、本多監督の映画では、ゴジラもまた自然界の一部として認識されているような気がする。
(ゴジラの出自は兎も角)
毎年のように報道される台風などの自然災害を見る度に、ゴジラを思い出す。


57 この子の名無しのお祝いに :2008/11/15(土) 23:47:33

災害が身近な時代だったし、観客にも、銀幕で大災害を楽しむ気風があったんだろうね


60 この子の名無しのお祝いに :2008/11/17(月) 23:25:44

「地球防衛軍」って、タイトルバックから無気味な旋律のテーマ曲がかかって、
ミステリアンの宇宙基地が地球に向かうシーンが出て来るが、得体のしれないものが
地球に迫りつつあるのに、地球(日本)では、盆踊りに興じているというシーンが
なんとも良いですね。
ジョン カーペンターの「光る眼」という映画の冒頭で、日の出の頃、まだ皆が
眠っている最中、街の上空を何かの陰が過って行くというシーンを思い出した。

「地球防衛軍」の前半、モゲラ出現までのシーンは、何かが怒りつつあるという、
不安な感じが良く出ていると思います。
陥没した村で、調査隊の自衛官が言う、「ミキサーで掻き回したようだ」という台詞とか、
地面に落ちているガラガラや浅間神社の鳥居とか。
本多監督の堅実な演出が、モゲラ出現や、異星人との戦争という異常事態を際立たせていると思います。


61 この子の名無しのお祝いに :2008/11/26(水) 20:21:46

本多監督の「マタンゴ」なんかは、閉鎖された環境での絶望感がよくでているな。
あんがい、閉鎖された状況でのサスペンス劇なんか撮影したら、手堅くまとめるひとだったのではないか...。


63 この子の名無しのお祝いに :2008/11/28(金) 00:01:50

>62
「トンネル」って、黒澤監督の「夢」の一エピソードだよね。
たしか、前スレでも実は本多監督が演出したという書き込みがあったね。
ホントにそうだとしたら、幽霊とは言え、あの軍隊の描写なんかは、そうかもな...。

ところで、1975年以降のゴジラ不在の時期にも、色々特撮映画の企画はあったみたいだが、
海野十三の「火星兵団」なんか、本多監督の演出で観てみたかった。
「ゴジラ対アスカ要塞」はどうだろう?


65 この子の名無しのお祝いに :2008/11/28(金) 02:31:42

>>たしか、前スレでも実は本多監督が演出したという書き込みがあったね。

行軍の訓練は本多にやってもらったと黒澤は言ってるけど。
演出まで本多にやってもらったとはいってない。


68 この子の名無しのお祝いに :2008/11/29(土) 15:42:46

本多監督のフィルモグラフィーって、特撮映画に片寄りがちな感じであるが、
実際、それらの映画を観てみると、いろんなジャンルの映画が詰まっている、という感じだな...。
アクション、恋愛、サラリーマン喜劇、戦争、人情ものなど。
でも、それでも一本の映画としてまとまっているんだよね。


69 この子の名無しのお祝いに :2008/11/29(土) 23:14:50

>>68
それは東宝の会社のカラーだろうね。とりあえず色々撮らせて、一番その監督が
うまくつくれる作品をその後ずっと作らせる、という主義だったみたいだから。
植木等映画の古澤監督ですら戦争映画撮ってるからなぁ。


72 この子の名無しのお祝いに :2008/11/30(日) 14:38:52

>>69
あの人は右翼だから喜んで撮ったんじゃないか。


70 釈迦厨 :2008/11/29(土) 23:15:00

黒澤みたいな芸術家じゃないけど手堅い職人監督です、本多センセは。


82 この子の名無しのお祝いに :2008/12/28(日) 20:08:08

>>70
単なる職人監督という評価は間違ってるな
わかるかバカ厨


80 この子の名無しのお祝いに :2008/12/06(土) 15:43:09

本多監督の「ガス人間第一号」をDVDで視聴したんだが、冒頭の東宝マークから、
タイトルバック、スタッフ、キャストのクレジットの一連の展開がかっこよいね。
観客側に向かって拳銃を発射する男、一斉に手を挙げる銀行員達、ひとりでに開いて行く
金庫、歩道を足早に歩いて行く男の足、それを着実に追い詰めて行くような警官たちの足。
そして、パトカーでの追跡シーンに至る。


81 この子の名無しのお祝いに :2008/12/07(日) 21:44:34

「ガス人間」その筋には有名な映画だったから
あらすじもオチも全部知ってたんだけど、
あの冒頭で一気に引き込まれて、
気がつけばラストシーンで号泣。

あれから洋邦実写特撮問わずいろんな映画を観たけれど、
日本映画ではこれがベストです。


84 この子の名無しのお祝いに :2008/12/29(月) 01:08:56

暇だったので調べてみた。
木村武(=馬渕薫)と関沢新一が執筆した東宝特撮映画(怪獣・SF・戦争・
ファンタジー)は、それぞれ18本。※「大盗賊」は木村と関沢の合作。
しかもその35本のうち、本多監督がコンビを組んだ本数もそれぞれ11本。
まったくの偶然とはいえ面白いな。


86 釈迦厨 :2008/12/30(火) 11:01:53

http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2009-1/kaisetsu.html

東宝=円谷英二による特撮映画の金字塔、『ゴジラ』が公開されたのは日本映画が産業として
ピークを迎えつつあった1954年のこと。
それまで戦争映画などを通して培われてきた日本の特殊技術の力が、
いよいよ空想の世界で最大限に発揮されたのでした。
以来、日本の特撮映画は、次々とユニークな怪獣を生み出し、
また近未来戦争や科学犯罪、スーパーヒーローの活躍など様々な分野を開拓しながら、
日本映画のユニークなジャンルとして定着してゆくことになります。
ブームの最盛期となった1967年には東宝や新東宝、大映、東映に加え、
新たに松竹や日活も怪獣映画の製作に乗り出すほどの活況を呈し、
また日本製怪獣・SF映画の多くが海外にも輸出され根強いファンを生み出してゆきました。
「日本映画史横断」の第3回目となる本企画では、
『ゴジラ』以前に円谷英二が特殊技術を担当した1949年の『透明人間現わる』から
1968年の『怪獣総進撃』まで、第1次ブームと呼ばれる時代の作品44本(42プログラム)の上映を通して、
日本が誇る偉大な遺産を回顧します。


87 この子の名無しのお祝いに :2009/02/14(土) 17:43:10

本多さんが瀧口修造の助手だったってのはちょっとびっくりした


88 この子の名無しのお祝いに :2009/02/14(土) 21:07:31

人に歴史あり


93 この子の名無しのお祝いに :2009/03/07(土) 21:21:46

最近、「原子怪獣現る」のDVDを購入して視聴したのだが、全体的な演出はともかく、
リドザウルス上陸の際、街全体にパニックが伝播していくシーンとか、特に盲目の男が
何も知らずに歩いていて、逃げる群衆に巻き込まれて倒れるシーンとかが、本多監督の
演出とかぶって興味深かった。
といっても、この映画の方が、制作は「ゴジラ」より先なんだけれどね・・・。
本多監督は、この映画観たのだろうか。


98 この子の名無しのお祝いに :2009/03/28(土) 20:13:44

「キングコング対ゴジラ」を観たんだが、有島一郎の演技を観ていると、
「ゴジラ対若大将」もあながち実現可能だったのではないかという気がする。
続いて、「ガス人間第1号」を視聴・・・。
水野の回想で、佐野博士の研究室のアングルが微妙に傾いているのが不気味だった。
佐野博士の狂気を現すのと同時に、夢破れ、仕事にも恵まれず、鬱屈した日々を送る水野の前に現れたチャンスという名の罠。
そして、危険な予感を抱きながら、今までの日々からの脱却できるかもという
水野の大きな不安と小さい期待を表しているような気がする。


99 この子の名無しのお祝いに :2009/04/07(火) 22:52:10

ミサイル発射の際の日本国民って、なんだか「妖星ゴラス」で沢村いき雄が演じていた
タクシー運転手の台詞に現されていたような気がする。
私自身は、明らかな戦時下のつもりでいましたが・・・。
ということで、チラシの裏はこれくらいにして、「妖星ゴラス」って、どうしても
南極計画の描写なんかで「さよならジュピター」を思い出してしまう。
本多監督だったら小松左京とも製作者としていい関係で、イメージと映画としての表現とか
うまく処理できたと思うのだが・・・。
そういえば、「さよならジュピター」クランクアップ?のパーティで小松左京と一緒に写っている
本多監督の写真を見たことがある。


100 この子の名無しのお祝いに :2009/04/08(水) 21:59:08

1990年代のゴジラシリーズって、大森一樹、川北紘一、大河原孝夫に私物化されていたような気がするのだが・・・。
エンターティメント性とかにとらわれすぎて、わざわざ連続シリーズにしなくてもよかったのに、無理して続けていたような感じがする。
そもそもなんであんなに大河原孝夫が起用されていたのか理解できない。
「ゴジラ2000」の際、発売されたムックで、佐野四郎が監督が投げやりだと苦言を呈していた。
2000年代に入ってからのように、もっと、ほかの本編監督、特技監督を起用して、多様な映画を製作するべきだった思う。
そうすれば、尻すぼみに終わることもなかったのではないかと考えてしまう。
本多監督が演出していた昭和のゴジラシリーズとは明らかに画面の密度が違う。
まぁ、制作環境や予算の違いもあろうが、昭和のシリーズにあって、90年代のゴジラシリーズにはないものってなんなのか?