蒲田撮影所の所歌としても採用された。 のちに映画『蒲田行進曲』(1982年、監督・深作欣二)の主題歌として使用され、1982年(昭和57年)10月21日に松坂慶子・風間杜夫・平田満の3人によるカバー盤が日本コロムビアからシングルレコードとして発売された。 JR東日本京浜東北線蒲田
39キロバイト (4,840 語) - 2020年10月11日 (日) 15:36



(出典 blogimg.goo.ne.jp)



1 この子の名無しのお祝いに :2009/12/01(火) 13:09:59 ID:IAfDNYE/.net

公開 1982年10月9日
監督 深作欣二
原作・脚本 つかこうへい
ヤス 平田満
銀四郎 風間杜夫
小夏 松坂慶子





4 この子の名無しのお祝いに :2009/12/02(水) 03:05:07 ID:A9y2dDzO.net

加藤と柄本の舞台版には逆立ちしてもかなわない。


5 この子の名無しのお祝いに :2009/12/02(水) 18:52:56 ID:5wZOX2Bp.net

深作欣二の最高作品


31 この子の名無しのお祝いに :2009/12/14(月) 04:16:12 ID:xmaDNIgi.net

>>5
深作のベストは「軍旗はためく下に」だと思うが


6 この子の名無しのお祝いに :2009/12/02(水) 20:02:48 ID:DKGO4pgF.net

舞台版キャスト
1980年
銀四郎 加藤健一
小夏 根岸季衣
ヤス 柄本明
1982年
銀四郎 加藤健一→風間杜夫
小夏 根岸季衣
ヤス 平田満
1999・2000年
銀四郎 錦織一清
小夏 小西真奈美
ヤス 草なぎ剛
2006年
銀次郎 錦織一清
小夏 黒谷友香
ヤス 風間俊介


7 この子の名無しのお祝いに :2009/12/02(水) 20:07:36 ID:DKGO4pgF.net

TBSテレビドラマ版キャスト
1983年6/22前編.6/29後編
銀四郎 沖雅也
小夏 大原麗子
ヤス 柄本明


9 この子の名無しのお祝いに :2009/12/03(木) 19:51:18 ID:76ZT1MpD.net

先日ラジオで桑田佳祐が映画音楽の話をしてた時に
「今だから話せるけど、話していいのかな?」と前置きしてから
蒲田行進曲のヤスの役を出演依頼されていたと語っていたので驚いた!

Wikiによるとヤスと銀四郎の配役は難航して銀四郎役は角川春樹が松田優作に出演依頼したとか
松田優作と桑田佳祐の蒲田行進曲も観て見たかったけど……駄作になった可能性大かな


11 この子の名無しのお祝いに :2009/12/04(金) 05:13:40 ID:k68ownvB.net

>>9
つかがごねたんだろう。
小夏役の根岸はどうしても押し込むことができなかった、と
エッセイに書いていた覚えが。


68 この子の名無しのお祝いに :2010/07/24(土) 07:41:32 ID:gBhPTVVE.net

>>11
松竹の意向で松坂慶子を起用せざるをえなくなったらしいね。

つかは根岸を銀座の高級宝石店に連れて行き、「どれでもいいから好きなのを一つ選んでくれ」


10 この子の名無しのお祝いに :2009/12/04(金) 01:55:53 ID:KvVJNBos.net

この映画に不快感を表明した加藤泰は正しかった。


36 この子の名無しのお祝いに :2009/12/18(金) 22:48:52 ID:FgTl6v6p.net

>>10
この映画のヒットのお陰で「つかこうへい」という名前が映画会社やスポンサーの偉いさんを
納得させるためだけに独り歩きし、当たりもしないつか原作・脚本映画が何本も作られた。
また「戯曲は当たる」という勘違いも生まれ、同じ深作で斎藤憐原作の「上海バンスキング」まで作られた。
どうせプロデューサーが「第二の蒲田」とか言って当時のテレビ朝日とセゾン
にカネを出させたのだろうが。

当時はヒットはしたがその後の日本映画には百害あって一利もなかった映画。


12 この子の名無しのお祝いに :2009/12/04(金) 08:23:05 ID:p6iBla8m.net

映画だから金がかかるからね
当時の舞台の加藤健一、根岸季衣、柄本明ではスポンサーを探すのが大変
松田優作ならスポンサーはついたろうがスケジュールが合わなかったらしい


13 この子の名無しのお祝いに :2009/12/05(土) 13:55:58 ID:EEE6YZsW.net

舞台でも演じた風間杜夫と平田満はブレイク前。
地味な男2人じゃどうにもならなくて松坂慶子投入。
加藤・柄本コンビの方が俺は好きだったなあ。


14 この子の名無しのお祝いに :2009/12/05(土) 19:26:41 ID:bzeI2Cwb.net

なにげに原田大二郎の存在が映画を引き締めてる。

チッスっはええじょ~!


15 この子の名無しのお祝いに :2009/12/05(土) 21:20:50 ID:Tk45iikd.net

映画のキャストで唯一不満なのは高見知佳
もうちょっと小悪魔っぽいのいなかったのかな


16 この子の名無しのお祝いに :2009/12/06(日) 23:26:47 ID:652AMlVF.net

阿部サダヲって、つか時代の風間杜夫を思い起こさせる


20 この子の名無しのお祝いに :2009/12/09(水) 00:21:52 ID:QKYMWxEv.net

>>18
たしかに「真夜中のやじさん喜多さん」のサダヲはまんま舞台の風間杜夫だったぜ?


21 この子の名無しのお祝いに :2009/12/09(水) 05:07:16 ID:vB1VZkwV.net

>>20
容貌も大事な要素


19 この子の名無しのお祝いに :2009/12/08(火) 20:04:18 ID:q4pmkO3k.net

風間杜夫はこの後スチュワーデス物語の頃は二枚目俳優の代表選手にまで伸し上がったからな


22 この子の名無しのお祝いに :2009/12/09(水) 21:46:49 ID:WPUbTSu/.net

王将キャデラックの前席に5人すし詰めで運転は爆笑
銀ちゃんの子分に萩原流行や酒井敏也がいるのは今見ると笑える


24 この子の名無しのお祝いに :2009/12/10(木) 05:28:11 ID:MufVgm5p.net

>>22
当時、つか事務所の芝居に出てたからね


23 この子の名無しのお祝いに :2009/12/10(木) 00:23:04 ID:36lsssZR.net

キャデラックに免許がいるか?!→(一転)→売れてねえんだ、俺(号泣)
の流れ最高。


25 この子の名無しのお祝いに :2009/12/10(木) 10:53:25 ID:J4dZQL+T.net

岡本麗や長谷川康夫、石丸謙二郎もおなじく。
加藤健一が見あたらないのは、当時「審判」で忙しかったのかな?


28 この子の名無しのお祝いに :2009/12/12(土) 02:37:21 ID:Qk/50q/K.net

>>25
高野の事も思い出してやってください


29 この子の名無しのお祝いに :2009/12/13(日) 21:51:47 ID:XlXHbXXm.net

DVD特典のシネマ紀行で京都、太秦の撮影所近くに
ヤスの住んでたアパートが残ってたのには感動
現在も太秦荘は在るのでしょうか?


32 この子の名無しのお祝いに :2009/12/15(火) 20:16:34 ID:6Zvd5vdh.net

肉野菜野菜野菜肉野菜野菜

今でもスキヤキを食べるとき唱えるw


33 この子の名無しのお祝いに :2009/12/18(金) 21:33:57 ID:L6v+5m1R.net

なんで深作が監督なの?
角川も入ってるとは言え松竹資本だったら
山田や野村がいたと思うが
つかがどうしても深作じゃなきゃダメっていったのか?


34 この子の名無しのお祝いに :2009/12/18(金) 22:16:21 ID:bh+T0gmc.net

松坂慶子と当時付き合ってた深作でバーター


35 この子の名無しのお祝いに :2009/12/18(金) 22:36:20 ID:FgTl6v6p.net

>>34
深作は『復活の日』や『魔界転生』で春樹に信用があったはず。まだ松坂慶子が
松竹と契約していた時代でもあった。松竹の看板の松坂慶子を出す→監督もコンビの
深作さん。山田や野村は「松竹配給なのに東映京都で撮影して蒲田行進曲?」
と企画自体に疑問があったはず。

>>11
キャストが難航したのは、あの内容をこなし切れる自信がある俳優がいなかったため
だと思う。優作がなぜ駄目だったかは不明だけど。当時のつかにはそんなに力はないよ。
結果的に風間と平田がスケジュール空いてるからそれでいいんじゃないか、となったみたいだけど。
当時の風間のマネージャーは「絶対に最後には風間に来る」と予想していて他の
仕事を断ってまで待っていたらしい。

ヒットはしたけどサイテーの映画だよね、これ。あの撮影所がファンタジーなのかリ
アルなのか深作さん自身がよく分かってないから(たぶん制作費的にも完全に架空の
撮影所を作り込む余裕も無かったのだろう)、最後まで何の映画なのか狙いが全
く分からないので困る。ただの暑苦しいコント芝居が全編続くだけ。
最後のオチは映画への愛って、散々、平田を苛め抜いた挙句にあれはないでしょ?
深作さん自身が自分が何を撮っているかよく分かってなかったんじゃないの? 


37 この子の名無しのお祝いに :2009/12/18(金) 23:37:31 ID:L6v+5m1R.net

加藤泰がこの映画に相当不快感を覚えたみたいだけど
誰か詳細知ってる?


38 この子の名無しのお祝いに :2009/12/19(土) 00:01:47 ID:8QzB50l/.net

>>37
加藤が蒲田行進曲を批判した文章は確か筑摩から出ていた「加藤泰、映画を語る」に
載っていたと思う。内容は「全編、弱い者イジメばかりで不愉快」という趣旨。
加藤自身が自分の現場では相当に俳優さんを苛めているんだけどw ただ加藤は
大物や主演は苛めるけど、脇役には見どころを作ってあげたりしてたからな。

たぶん加藤には風間が平田をイジメ続け、最後は階段落ちをやり遂げた平田も
何となく全てに納得している図が不可解だったのでは?
人間、あんな綺麗事じゃないだろう、*れるような目に遭って、という
のはあったのではないか? 
監督としてはリアルなのか戯画なのか深作の狙いがはっきりしないのも困ったはず。
公開当時でもあんなスターと大部屋の関係はもう殆どなかったですからね。


39 この子の名無しのお祝いに :2009/12/19(土) 00:12:07 ID:VhsET6Lv.net

>>38
何かしら蒲田行進曲と言う映画というか設定そのものに相当な嫌悪感みたいなものなのかと感じてたけど
どっちかとというとただの内容批判か


40 この子の名無しのお祝いに :2009/12/19(土) 00:35:13 ID:8QzB50l/.net

>>39
>蒲田行進曲と言う映画というか設定そのものに相当な嫌悪感みたいなもの

それもあったのでは? 東映京都で撮って題名が蒲田行進曲って誰が見ても不可解だし。

戯曲・映画の主人公のモデルは汐路章だとされているが、加藤が最も気に入っていた
俳優が汐路だったので、「汐路の人生をこんな映画にされちゃかなわんよ」という
憤りも言外に込みだったのではないか?
原作のつかがリアルの撮影所のことを殆ど知らず、撮影所を示す記号として「蒲田行進曲」
を使い、それを更にリアルの撮影所をロケ地に撮るという捻れた企画に初めから無
理があったのでしょうね。ヒットはしたけどね。


41 この子の名無しのお祝いに :2009/12/19(土) 01:47:37 ID:4VzcMrGX.net

つかの芝居のテーマは「前向きのマゾヒズム」だからさ。
映画でリアルにやってもどうしようもない。
珍作「熱海殺人事件」もよろしくねw


42 この子の名無しのお祝いに :2009/12/19(土) 18:28:49 ID:XZGbqVm6.net

映画のタイトルは太秦行進曲や太秦ラプソディーの方が良かった気はするが
原作が直木賞だかとって角川文庫がそれも売りたかったからな


43 この子の名無しのお祝いに :2009/12/20(日) 03:57:35 ID:2KWOFA6w.net

加藤・柄本バージョンが最高。
風間・平田は一枚落ちる。


45 この子の名無しのお祝いに :2009/12/20(日) 14:13:00 ID:pGNkAtoJ.net

>>43
加藤、柄本って再演(事務所解散公演?)でのWキャストだっけ?
俺が見たのは風間×柄本だった。
たしかタイトルはまだ「銀ちゃんのこと」だったと記憶してる。


46 この子の名無しのお祝いに :2009/12/26(土) 12:05:58 ID:Arw1+F7i.net

>>45
初演が加藤・柄本だったよね。
柄本と平田がWだったのって紀伊國屋の連続公演の時だったような。


51 この子の名無しのお祝いに :2010/02/22(月) 16:21:46 ID:q9btXKPw.net

>>43
そうかな..


53 この子の名無しのお祝いに :2010/02/23(火) 03:18:25 ID:VT1quK5J.net

>>51
紀伊國屋ホールで両方見た?


57 この子の名無しのお祝いに :2010/05/09(日) 03:53:27 ID:MGEx/NUV.net

銀ちゃんとヤスの関係や暴れるヤスに嫌悪感感じながら見てたが、最後のオチで救われた
「よかった、病気の子供はいないんだ」ってやつw

これって原作でもああ言うオチなの?


58 この子の名無しのお祝いに :2010/05/10(月) 07:42:19 ID:vugaOo0S.net

風間・平田版の舞台では
階段落ちの後、全員揃ってダンスだな。
加藤・柄本版もそうだったかな。
というか、この頃のつかの舞台は
たいてい最後はみんなタキシードに着替えてダンス。


59 この子の名無しのお祝いに :2010/05/11(火) 14:23:08 ID:ysYAfdxI.net

> 暴れるヤスに嫌悪感
公開当時、ヤスがあんなに錯乱する理由がわからない、って言う女性がけっこう多かったよ。

>>58
カーテンコールの曲はアリスの「冬の稲妻」だったような・・?


60 この子の名無しのお祝いに :2010/05/12(水) 08:44:45 ID:7N5KE8Vc.net

>>59
あー、そうだったかも!
石丸と流行にはさまれて凛々しく踊る根岸の姿が浮かんできた!


61 この子の名無しのお祝いに :2010/05/12(水) 23:43:52 ID:HKtylssS.net

>>59
やっぱり当時でもそうなのか
銀ちゃんとか今ならパワハラだしヤスはDVだよなあとか思いながら見てた

最後のオチで「この作品はフィクションです」ってのを表明して貰えたおかげでかなり胸のつかえが取れた感じ


62 この子の名無しのお祝いに :2010/05/13(木) 01:12:43 ID:ctkb6Yav.net

中国でも公開されて好評だったけど、銀ちゃんはかなり嫌われたとか。
一番人気は松坂慶子。
「上海バンスキング」ロケで中国行ったときも、通行人から「小夏~!(中国語読みで)」と
よく声がかかったらしい。
銀ちゃんはほぼ無視w
「銀ちゃんの弱さをわかってほしかった・・・」
って風間杜夫が嘆いてたよ。

>>59
ヤス錯乱には男性には「気持ちはわかるがやりすぎだ」
という声多数でしたw


63 この子の名無しのお祝いに :2010/05/15(土) 08:18:39 ID:sP/b4Q1R.net

松坂慶子は中国や韓国で受ける系統の美人だ*


67 この子の名無しのお祝いに :2010/07/24(土) 02:37:57 ID:iZDs0cDx.net

松坂慶子と安が結婚式で安の実家に帰った時、安の母親(清川虹子?)に見抜かれていて、
別れないように懇願されるところが哀れ。


76 この子の名無しのお祝いに :2010/08/17(火) 03:54:15 ID:kWxZtqNR.net

泣いちゃったなぁ‥
みんな、今50代の俳優さんたちの若い頃が出てたから、余計しみるな。
当時子供の頃は分からなかったけど、いい映画だね


78 この子の名無しのお祝いに :2010/08/18(水) 00:31:40 ID:otCpq2yi.net

昨日初めて観たんだけど初めの方のスポーツカーに飛び乗ったシーンと最後の終わり方にビックリしました!とても良かった


80 この子の名無しのお祝いに :2010/08/19(木) 03:17:50 ID:sG3852x7.net

>>78
エンディングはだめでしょ。
オリジナルの舞台のテイストを生かしたのかもしれんが
あれはだめだよ。


79 この子の名無しのお祝いに :2010/08/18(水) 16:02:51 ID:aUvQjv5r.net

言われてる程、名作か?
初見で楽しみにしてただけに、ちょっぴり残念…

銀ちゃん、やりたい放題杉


85 この子の名無しのお祝いに :2010/08/22(日) 16:28:44 ID:d21jy+Hf.net

>>79
そもそもが「劇中劇」なのだから、
おれはすべて(風間の演技含め)が納得できたけど。


82 この子の名無しのお祝いに :2010/08/21(土) 00:42:16 ID:oCQF8kK3.net

初めてテレビで観た時、母親がエンディングでシラけてた。真面目に観てた人から
するとやっぱりバカにされたような気になるのかな。
俺は、「笑って、泣いて、ホラ、これが映画だったでしょ」って感じで良いと思った
けど。


83 この子の名無しのお祝いに :2010/08/21(土) 02:59:05 ID:zAc3ryW7.net

ボロアパートで松坂と絡むシーンは舞台でもあったのだろうか?
みたのは子供の頃だが衝撃的だった
布団を窓から捨てるのも。


86 いつか名無しさんが :2010/08/24(火) 03:52:01 ID:9h2VGSyX.net

やっはり銀ちゃんはヒドイ奴だと。
ああゆうスターさん、本当にいたのか?


87 この子の名無しのお祝いに :2010/08/24(火) 13:07:42 ID:5L/HtOJQ.net

鶴田浩二とか東映の時代劇俳優なんてほとんど


90 名無し :2010/09/15(水) 20:16:29 ID:XzsSFTvU.net

平田満は良い味出してたよなあ。


95 この子の名無しのお祝いに :2010/10/05(火) 13:13:54 ID:HbyQa9GI.net

>>90
カトケン・柄本で見たかったよ。
松坂はあきらめるとしても。


93 この子の名無しのお祝いに :2010/09/18(土) 16:27:43 ID:IR8r3RmQ.net

岐阜の劇場で来週土曜から上映なので今から楽しみ


94 この子の名無しのお祝いに :2010/09/26(日) 19:29:24 ID:kUzAW/0V.net

>>93
観に行ってきた
フィルムの劣化が酷くて赤茶けた映像だったけど劇場で観れて満足
客も料金500円のせいか、そこそこ入っていた
蟹江敬三の「よぉ~し、人1人*ぞぉ~」のシーンが爆笑の渦だったw


98 この子の名無しのお祝いに :2010/10/11(月) 20:34:55 ID:Jr7VFibz.net

沖雅也&大原麗子版のDVD出ないかなあ、前編放映を見て映画版のが良かったなあとか
ガキのクセに生意気に流して見てたが、翌週に後編が放映という、よりによってその間に
沖雅也が飛び降り自*たのは子供心(つっても高1だったが)にも衝撃だった。


99 誘導に従います;主観的併合 :2010/10/12(火) 18:53:12 ID:zFUlOLM/.net

「しかし、変わってるよな、あの親父さん。俺たちが
水戸に行った時、高い天井の、薄暗い酒倉の一番てっ
ぺんから、『きさま、中核か! 革マルかー・』って酒び
しやく投げつけてきたあの親父さんだよ。おまえ、昔
なにやってたんだ。洗いざらい過去を喋ってくれない
か。俺も心構えしとかなきやなんないだろ、街歩くときな。

 「それっきり。学生運動だって体もてあましてまねご
とだったのよ。あたし、革マルも中核もなんにも知らない。

当時、ヤスや小夏のようなひとがたくさんいたのでしょうか?
  ご意見をうかがいたい。


100 この子の名無しのお祝いに :2010/10/13(水) 13:59:17 ID:NsetnLAp.net

>>99
あのニュアンスはわからんだろうなあ。
オリジナルの舞台の時点で既にわからない世代がいたわけで。