ニュースマンボ

「マンボ!」は、スワヒリ語で「こんにちは」の意味です。 皆様の毎日が楽しくなるような記事をお届けします。

    カテゴリ: 動物


    サーバル (Leptailurus serval) は、哺乳綱食肉目ネコ科サーバル属に分類される食肉類。本種のみでサーバル属を構成する。 主にサハラ砂漠以南のアフリカ大陸(後述の例外あり)。モロッコでも小規模な個体群が隔離分布する。アルジェリアでは絶滅したと考えられ、チュニジアには再導入された。 頭胴長(体長)オス59
    18キロバイト (2,174 語) - 2020年6月20日 (土) 12:47



    (出典 hashmatome.com)


    ネコというより、ひょうとかチーターみたい

    1 Lv][HP][MP][ ★ :2020/06/29(月) 21:41:09.59

    6月27日、静岡市葵区の住宅で飼育されていたサーバルキャットというネコ科の特定動物が逃げました。
    市は捕獲を試みていますが、まだ見つかっていません。

    逃げたのは、オスのサーバルキャット1歳で、体長70センチ、体重は10キロです。
    27日午前、静岡市葵区東の住宅に設置された檻から逃げ出したため、飼い主が警察に届け出ました。

    サーバルキャットは、動物愛護管理法により人に害を加える恐れがある「特定動物」に指定されています。
    飼い主によると、逃げたサーバルキャットは人に慣れていて、危害を与える可能性は極めて低いということですが、
    静岡市動物指導センターは、飼い主の自宅近くに捕獲器を設置するとともに、目撃した場合は追いかけず、連絡するよう呼びかけています。

    (出典 www.sut-tv.com)


    以下ソース:テレビ静岡 2020年06月29日(月)
    https://www.sut-tv.com/news/indiv/5536/


    【静岡市の住宅から、ペットのサーバルキャットが逃げる 】の続きを読む


    種の保全状況が危急になる主な理由は、生息地の破壊や消失などである。生息状況をモニタリングされている危急種もおり、常に絶滅の危機に晒されている。 IUCNでは、あるが以下の5つの条件の内1つでも満たしていれば、危急種に分類する。 3世代以内、あるいは10年以内での個体数減少率が30%以上。
    3キロバイト (406 語) - 2020年1月19日 (日) 08:15



    (出典 doubutsuen.net)


    何らかの法律で規制できないのか

    1 ごまカンパチ ★ :2020/06/27(土) 15:39:53.69

    https://news.yahoo.co.jp/articles/69d7fae02cc9338454aff85dc91f88f828287c9b
     動物園でも人気の動物である“百獣の王“ライオン。
    しかし、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストに、絶滅の危機に瀕している「危急種」として名前を連ねていることはあまり知られていない。

    そんな中、南アフリカで繁殖されているライオンの状況を報告した新刊『アンフェア・ゲーム』著者で、イギリス人実業家のアシュクロフト卿が『DailyMail』に寄稿した記事が
    世界中に衝撃を与えている。

    ■1万2000頭のライオンが射撃目的で飼育
    2年間にわたり、2回の潜入捜査を指揮したアシュクロフト卿によると、南アフリカでは推定1万2000頭のライオンが飼育されているという。
    これは野生のライオンの約4倍に当たる数だ。
    しかも驚くべきことに、これらのライオンは種の保護のためにではなく、観光客による射撃目的で繁殖されているという。

    南アフリカでは、フェンスで囲まれたエリアに放たれたライオンを狩猟するレジャーが存在するというのだ。
    アシュクロフト卿は「南アフリカではライオンの虐待が産業になっているといっても過言ではない」と語る。

    この産業において毎年何千頭ものライオンが生まれているが、生後数日で母親から引き離され、不衛生な環境に閉じ込められるという。
    さらに観光客と遊ぶことを強いられ、暴力や薬漬けといった虐待も。
    その後、ライオンは観光客の射撃目的や、骨などの部位を切り取るために命を奪われる。
    骨は媚薬などの効果があると信じられ、アジアでは高値で取引が行われるとのこと。

    アシュクロフト卿は、「このシステムは南アフリカの見えない部分で生まれ、ライオンという気高い生物に想像を絶する悲劇をもたらしている」と述べている。

    ■ライオンの絶滅以外の危険も
    野生動物の射撃を趣味とする人々の間で、たてがみのあるオスライオンは人気が高く、最大4万ポンド(約520万円)の値がつくこともあるという。
    しかし、アシュクロフト卿によれば、この虐殺から利益を得ているのはわずか数百人だ。
    さらにライオンの違法な飼育と、骨の取引は新型コロナウイルスのような、大きな公衆衛生上の危機をもたらす可能性もあると警告し、
    これらのライオンの繁殖を禁止するようキャンペーン活動を張っている。

    「ライオンの飼育は今世紀には、もはや居場所のない、残酷で野蛮な産業だと認識する時が来ている」と警鐘を鳴らすアシュクロフト卿。
    新刊の印税はすべて南アフリカの野生動物慈善団体に寄付する予定だ。

    この瞬間も南アフリカで行われている悲劇。
    我々は決してそこから目を逸らすべきではないだろう。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【南ア】ライオン1万2千頭を「観光客による射撃の的として」飼育 野生のライオンは「危急種」の一方で】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)


    猫の恩返し

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/06/27(土) 11:53:58.98

    6/27(土) 11:43配信
    共同通信
     
     富山南署は27日、富山市青柳新で用水路に転落した高齢男性を救助したとして会社員新田知子さん(45)ら近くに住む男女5人と、男性の存在を知らせて救助のきっかけをつくったとして新田さんの雌の飼い猫「ココ」の功績をたたえ、5人に感謝状を、ココにはキャットフードをそれぞれ贈呈して表彰した。

     同署によると、16日午後7時半ごろ、現場近くを散歩していた山口昭美さん(77)が用水路の中をじっと見つめ、不思議な動きをしているココに気付いた。視線を追ったところ、幅60センチ、深さ40センチ、水深15センチの用水路に男性があおむけに倒れているのを発見した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200627-00000053-kyodonews-soci.view-000

    https://news.yahoo.co.jp/articles/749567589b2a93d182552e811a77cf2351d24598


    【高齢者が用水路に転落、救助。 発見したのは「飼い猫」 富山市】の続きを読む

    このページのトップヘ