ニュースマンボ

「マンボ!」は、スワヒリ語で「こんにちは」の意味です。 皆様の毎日が楽しくなるような記事をお届けします。

    カテゴリ: 昭和特撮・ヒーロー


    少年ジェット』(しょうねんジェット)は、雑誌『ぼくら』に連載された武内つなよしの漫画作品、およびそれを原作とするテレビドラマである。漫画、テレビドラマともども人気を集め、昭和三十年代のヒーローとして、現在も根強いファンを持つ。 名探偵船越宏(ふなこし ひろし)の助手である少年ジェット
    21キロバイト (2,829 語) - 2020年9月15日 (火) 11:35



    (出典 image.rakuten.co.jp)


    少年ジェット - YouTube

    (出典 Youtube)



    1 どこの誰かは知らないけれど :2005/07/31(日) 08:59:57 ID:ICqPoHHG.net

    DVDも発売され(一部幻となってしまった話もありますが)
    ご覧になった方もいると思います。
    「少年ジェットこそ、誠少年の姿である・・・」
    清くも、正しくも無い中年になってしまいましたが、
    当時を思い起こして語りましょう


    【少年ジェット】の続きを読む


    修行中の頃、伝説に生きるインディアン・シャスタ族の酋長にもらった3つのゴッドトマホークを託されていた楯三兄妹はゴッドトマホークを打ち合わせることによって、伝説が生んだ不滅の戦士バトルホーク、ビッグホーク、クイーンホークに化身。世界を戦乱の渦に巻き込もうとするテロリスト集団「兇鬼の掟」の殺しのプロ、
    27キロバイト (3,261 語) - 2020年8月14日 (金) 05:04



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 どこの誰かは知らないけれど :05/02/26 02:12:32 ID:vmH0zpTd.net

    キャッチーな主題歌


    【【特撮】バトルホーク】の続きを読む


    」はスバル・360を黒くペイントを施したものである。 ファイターの登場はおおむね固定されており、火 - 木曜日に各ファイター、金曜日にトリプルファイターが登場するのが基本的なパターンであるが、例外もたびたびみられた。 企画当初の名称は『トリプルチャレンジャー』。3兄妹は宇宙人ではなく伊賀忍者一族の
    30キロバイト (3,764 語) - 2020年8月25日 (火) 02:06



    (出典 blog-imgs-132.fc2.com)



    1 どこの誰かは知らないけれど :2017/02/18(土) 06:59:18.48 ID:/6IhVMTq.net

    Tsuburaya Prod. Official Channelにて現在(今スレ立て時)配信中です。
    早瀬三兄弟を応援する人、ブルコンとあっちゃんのやり取りになごむ人、
    デーモン様の心労を慮る人、どこか人間くさいデビラに愛着を感じる人、
    その他トリプルファイターに何かしら興味を抱いた皆で語り合いましょう。

    前スレ
    http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/rsfx/1330729651/l50


    【【特撮】トリプルファイター】の続きを読む


    恐竜大戦争アイゼンボーグ 『恐竜大戦争アイゼンボーグ』(きょうりゅうだいせんそうアイゼンボーグ)は、1977年10月7日から1978年6月30日まで東京12チャンネル(現:テレビ東京)で毎週金曜19:30 - 20:00に放送された特撮・アニメ番組である。円谷プロダクション制作。全39話。 『恐竜探険隊ボー
    46キロバイト (6,003 語) - 2020年9月10日 (木) 09:12



    (出典 m-78.jp)



    1 どこの誰かは知らないけれど :2017/12/30(土) 16:11:11.24 ID:aqXeOFvr.net

    サウジアラビアのオイルマネーで
    40年ぶりに新作が作られたアイゼンボーグ!


    【【特撮】恐竜大戦争アイゼンボーグ】の続きを読む


    メイツ星人 (カテゴリ ウルトラ怪獣)
    帰ってきたウルトラマンの登場怪獣 > メイツ星人 メイツ星人(メイツせいじん)は、『帰ってきたウルトラマン』『ウルトラマンメビウス』に登場する架空の異星人。別名は宇宙調査員。英字表記はALIEN MEITSまたはMATES。 『帰ってきたウルトラマン』第33話「怪獣使いと少年」に登場。 身長:2.1メートル
    13キロバイト (1,737 語) - 2020年2月25日 (火) 08:11



    (出典 shop.r10s.jp)



    1 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ :2016/06/12(日) 17:07:03.77 ID:CAP_USER.net


    (出典 www.tokyo-np.co.jp)

    ▲沖縄と日本について語る上原正三さん

     「ウルトラマン」がテレビに初登場して来月で五十年になる。その特撮番組の一部には、実は沖縄の苦悩が重ねられていた。シリーズ初期にシナリオを多く書いた上原正三さん(79)=東京都町田市=は那覇市生まれの脚本家だ。沖縄は日本と言えるのか-。東京で在日琉球人を自称し、自問し続けてきた。米軍基地が集中する現状は変わらず、いたましい事件も続く中、答えは「ノー」だ。「日本じゃない。まるで日本に併合された島だ」 (辻渕智之)

     「あれが宇宙人なのかな?」「子どもに化けてるんだって」

     孤児の少年が河原に不時着した宇宙人と心を通わせて暮らし始めると、少年も「宇宙人」とうわさされ、町の人たちから襲撃される。『帰ってきたウルトラマン』第三十三話「怪獣使いと少年」の一コマだ。沖縄が本土に復帰する前年の一九七一年に放映された。

     上原さんは「関東大震災の朝鮮人虐殺をモチーフに群衆のもつ理不尽な圧力」を描いた。本土で理解されないマイノリティー(少数者)である自身の姿も投影された。宇宙人や怪獣にも存在する権利はあり、暴れる理由がある。ウルトラセブンで登場する頭の大きいチブル星人のチブルは、頭を意味する沖縄ことばだ。

     高校生の時、親類を訪ねて東京に行った母が「向こうの子どもに紹介されたとき『九州から来たおばさん』と言われた」と寂しく笑った。沖縄に住んでいることが隠された。自身の東京での大学時代、下宿を貸すとOKした大家は、後で態度を一変させ断られた。「この差別の正体を自分の皮膚感覚で突き止めたい」と東京に住み続けてきた。

     二十三日は、七十一年前に沖縄での組織的な戦闘が終結した「慰霊の日」。地上戦で県民の四人に一人が命を失った。戦後は米軍が住民の土地を強制接収し、基地を建設した。五五年、大学進学で上京した上原さんは東京駅から杉並区まで電車に乗り、「ん、基地がない」と車窓の風景に首をひねった。米軍人や軍属による事件事故は絶えず、最近は二十歳の女性の殺害遺棄容疑事件があった。

     「怪獣使いと少年」では、町の人たちの襲撃から少年を守ろうとして宇宙人が射*れる。すると宇宙人が地中に封じ込めていた怪獣が街を破壊しだす。助けを請う群衆にウルトラマンである隊員は「勝手なことを言うな。怪獣をおびき出したのはあんたたちだ」と変身をためらう。

     最後のシーン。宇宙人が乗ってきた宇宙船を孤児の少年は捜し続ける。「彼は地球にさよならが言いたいんだ」。少年の思いを、ウルトラマンは隊員に戻ってそう代弁する。

     「地球」を日本に置き換えれば、最近盛んな「琉球独立論」が想起される。参院選も意識し、上原さんは本土の人間に問いかける。「日本に復帰して平等になったのか。新基地建設に反対してくれる人たちの存在はもちろんありがたい。でも、その後ろで沈黙を守る99%の人たちはどうなんだろう」

    ソース:東京新聞<沖縄の苦悩込めたウルトラマン 那覇出身の脚本家・上原正三さん>
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201606/CK2016061202000112.html

    関連スレ:【サーチナ】 「ウルトラマンより怪獣の方が正義の味方だよ。日本人たくさんやっつけるから」~子供の言葉に最初笑って後でぎくり[07/03]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1372950799/


    【【ウルトラマン】「怪獣使いと少年」 那覇出身の上原正三が脚本に重ねた思い】の続きを読む

    このページのトップヘ