ニュースマンボ

「マンボ!」は、スワヒリ語で「こんにちは」の意味です。 皆様の毎日が楽しくなるような記事をお届けします。

    カテゴリ: 昭和特撮・ヒーロー


    ひし美ゆり子 (菱見百合子からのリダイレクト)
    ばれる。東宝俳優養成所を経て1966年に「パンチ野郎」でデビュー、同期には牧れい、若原啓子がいる。 デビュー当初は本名の「菱見地谷子」名義で活動し、1967年から「菱見 百合子」に改名。『ウルトラセブン』の「友里アンヌ隊員」役で知られる。アンヌ役は、映画出演決定を理由に降板した豊浦美子の代役として
    24キロバイト (2,966 語) - 2020年9月14日 (月) 12:26



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/09/13(日) 12:50:11.80

    2020.09.13
    初放送から52年が経つ特撮ドラマ『ウルトラセブン』が、今秋からNHK BS4Kで毎週放送されます。ウルトラセブンはもちろん、ヒロインとなったアンヌ隊員が4Kリマスター映像でどのように蘇るのかも気になるところです。アンヌ隊員役で多くのファンを夢中にした、ひし美ゆり子さんの魅力を振り返ります。
    https://magmix.jp/post/35296





    より洗練されたキャラクター&メカデザイン

    「は~るかな星が、ふるさとだ~♪」

     特撮ドラマの金字塔『ウルトラセブン』が、4Kリマスター版になってTVに帰ってきます。2020年9月29日(火)から、NHK BS4Kで毎週火曜23:15~の放送です。9月13日(日)午前11:17から、NHK BSプレミアムで特番『4Kで進化するウルトラセブン』もオンエアされる予定です。

     円谷プロが制作した『ウルトラセブン』は、TBS系で1967年10月1日から1968年9月8日まで、全49話が放映されました。怪獣ブームを巻き起こした『ウルトラマン』(TBS系)に続いて美術を担当した成田亨氏のキャラクター&メカデザインはさらに洗練され、本格的なSFストーリーに多くの人が夢中になりました。

     さまざまな魅力を持った『ウルトラセブン』ですが、ファンの心にひときわ強く焼き付いているのは、「ウルトラ警備隊」の紅一点・友里アンヌ隊員の存在ではないでしょうか。




    ピチピチだったウルトラ警備隊の制服

     アンヌ隊員を演じたのは、ひし美ゆり子さん(当時は菱見百合子)。高校三年生のときに東宝ニューフェイスとして芸能界に入り、『ウルトラセブン』に出演したのは20歳のころでした。

     ファンの間では有名ですが、アンヌ隊員役には同じ東宝所属の豊浦美子さんが決まっていました。ところが豊浦さんは、映画『クレイジーの怪盗ジバコ』(1967年)のヒロイン役に起用されたことから、『ウルトラセブン』は降板することに。東宝の一期後輩になるひし美さんが、ピンチヒッターとして急遽出演することになったのです。

     ウルトラ警備隊のユニフォームは、豊浦さんのサイズに合わせて作られていたため、ひし美さんが着ると上半身がピチピチだったそうです。でも、そのフィット感がひし美さんのボディラインをくっきりと際立たせ、男性視聴者の視線を釘付けにしました。

     演技経験もまだ少なく、ひし美さんは地のままでアンヌ役を演じたそうです。ウルトラセブンが侵略宇宙人や凶暴な怪獣たちと戦うというシリアスな物語のなかで、ひし美さんの初々しい明るさと健康的なセクシーさが、とても眩しくTVには映っていたのです。

    次のページ ひし美さんのお気に入り「ノンマルトの使者」
    https://magmix.jp/post/35296/2

    次のページ 最終回を伝説化した、アンヌ隊員の名台詞
    https://magmix.jp/post/35296/3


    【【ウルトラセブン】9/29(火)からBS4Kで再放送 アンヌ隊員の魅力は「地のままの演技」】の続きを読む


    大鉄人17』(だいてつじんワンセブン)は、1977年(昭和52年)3月18日から同年11月11日まで、TBS系で毎週金曜19:00 - 19:30 (JST) に放送された石森章太郎原作、毎日放送・東映製作の特撮テレビ番組、および作中に登場する架空の巨大ロボットの名称。全35話。
    59キロバイト (8,194 語) - 2020年8月14日 (金) 05:07



    (出典 i.pinimg.com)


    大鉄人17 - YouTube

    (出典 Youtube)



    1 どこの誰かは知らないけれど 転載ダメ :2014/11/15(土) 19:00:48.96 ID:+XcdXRad.net

    『大鉄人17(ワンセブン)』はロボットアニメが主流となっていった放映当時、実写特撮ならではの「重量感」に主眼をおいて製作された。
    ミリタリー路線・ハードな群像劇で展開していった前半と、弟ロボット「18(ワンエイト)」との兄弟ロボット愛などでストーリーを盛り上げた後半という作品展開は、幅広い層を魅了した。


    【【特撮】大鉄人17】の続きを読む


    流星人間ゾーン』(りゅうせいにんげんゾーン)は、1973年(昭和48年)4月2日から同年9月24日まで日本テレビ系で毎週月曜日19:00 - 19:30に全26話が放送された、東宝映像制作の特撮テレビドラマ、およびそれに登場する架空のヒーロー。 平和な星ピースランド星は、ガロガバラン星人
    50キロバイト (6,685 語) - 2020年9月14日 (月) 09:00



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    21 どこの誰かは知らないけれど :2017/03/10(金) 10:41:58.98 ID:xIDGuhOr.net

    エンジェルの着替えも撮影シーンに入るのですか?
    本人がインタビューで言ってたけど、あのコスチュームは1人で脱着不可能だったらしいね
    シッカロールを一杯はたいてても、撮影終了時には汗でベッタリだったとか


    【【特撮】「流星人間ゾーン」】の続きを読む


    ジャンボーグA』(ジャンボーグエース)は、1973年(昭和48年)1月17日から同年12月29日までNET系の水曜日19時30分 - 20時00分(10月6日からは土曜日19時00分 - 19時30分)枠で放送された毎日放送、円谷プロダクション制作の特撮テレビ番組。全50話。また、劇中に登場した巨大ヒーローの名称でもある。
    114キロバイト (15,929 語) - 2020年9月14日 (月) 08:47



    (出典 pbs.twimg.com)



    2 どこの誰かは知らないけれど :2016/05/29(日) 09:07:46.34 ID:P2ZBTly5.net

    あんまり見たことないけどナオキの甥がウザイ


    【【特撮】「ジャンボーグA」】の続きを読む


    星雲仮面マシンマン』(せいうんかめんマシンマン)は、1984年(昭和59年)1月13日から同年9月28日まで日本テレビ系(一部地域を除く)で毎週金曜日17:30 - 18:00に全36話(本編35話 + 総集編1話)が放送された、東映製作の特撮テレビ番組、および作品内に登場する架空のヒーローの名称。
    48キロバイト (6,268 語) - 2020年8月29日 (土) 10:34



    (出典 trynext.com)



    1 どこの誰かは知らないけれど :2016/02/17(水) 09:44:47.85 ID:i4X+JCpU.net

    強くて優しい僕らのヒーロー、星雲仮面マシンマンスレ
    放送当時の思い出話、爆笑エピソード 裏話、その他の話題など、マシンマンの情報をお書き込みください

    前スレ
    【ニック】星雲仮面マシンマン5【お便りが来てるよ】
    http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/rsfx/1449987346/


    【【特撮】「星雲仮面マシンマン」 敵の目的は「子供をいじめること」】の続きを読む

    このページのトップヘ