ニュースマンボ

「マンボ!」は、スワヒリ語で「こんにちは」の意味です。 皆様の毎日が楽しくなるような記事をお届けします。

    カテゴリ: ファントーク


    ガス人間㐧1』(ガスにんげんだいいちごう、英題:The Human Vapor)は、1960年12月11日に公開された、東宝製作の特撮映画。イーストマン・カラー、東宝スコープ。上映時間は91分。併映は『金づくり太閤記』(主演:加東大介、監督:川崎徹広)。 変身人間
    18キロバイト (2,319 語) - 2020年9月22日 (火) 07:35



    (出典 auctions.c.yimg.jp)



    3 どこの誰かは知らないけれど :2019/07/19(金) 16:53:44.96 ID:Cosq9GHt0.net

    八千草薫が美しい!


    【【特撮】「ガス人間第一号」 変身人間シリーズの大傑作 八千草薫が美しい】の続きを読む


    ガメラシリーズ > ガメラ対大悪獣ギロンガメラ対大悪獣ギロン』(ガメラたいだいあくじゅうギロン)は、大映東京撮影所が製作し、1969年(昭和44年)3月21日に公開された日本の特撮映画作品。「ガメラシリーズ」の第5作。 カラー、大映スコープ、82分。同時上映は『東海道お化け道中』。
    25キロバイト (3,827 語) - 2020年9月25日 (金) 13:25



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    1 どこの誰かは知らないけれど :2019/04/07(日) 18:44:30.65 ID:fvGNgCzX.net

    バルゴンやギャオスの専門スレ出来たので立てました。
    この作品の珍しい裏話知ってる方の書き込みお願いします。


    【【ガメラ】「ガメラ対大悪獣ギロン」シリーズ5作目 ガメラ、宇宙へ進出】の続きを読む


    ガメラシリーズ > ガメラ対宇宙怪獣バイラスガメラ対宇宙怪獣バイラス』(ガメラたいうちゅうかいじゅうバイラス)は、大映が製作・配給し、1968年(昭和43年)3月20日に封切り公開された日本の特撮映画作品。 ガメラシリーズの第4作目。大映東京撮影所作品。同時上映は『妖怪百物語』。72分、カラー、大映スコープ。
    31キロバイト (4,974 語) - 2020年9月25日 (金) 13:19



    (出典 img.hmv.co.jp)



    1 どこの誰かは知らないけれど :2007/12/09(日) 00:41:33 ID:ED7sI9xx.net

    「昭和ガメラ」スレも第4弾になりました。
    大映の衰退、マンネリ化と予算削減という厳しい状況下にもかかわらず、
    ガメラマーチ誕生や外人の子供とのコンビ結成など、アイデア満載で
    「子供の味方」という新機軸を作り上げた湯浅憲明監督らに敬意を表わして
    引き続き「昭和ガメラ」について語り合いましょう。

    前スレ
    【封切】ガメラ対ギャオス【40周年】
    http://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/rsfx/1172397260/


    【【ガメラ】「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」 シリーズ第4作 バイラス星人の侵略作戦】の続きを読む


    ガメラシリーズ > 大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス 『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』(だいかいじゅうくうちゅうせん ガメラたいギャオス)は、大映が製作し、1967年(昭和42年)3月15日に公開された日本の特撮映画作品。ガメラシリーズの第3作。同時上映は『小さい逃亡者』。総天然色、大映スコープ、87分。
    36キロバイト (5,768 語) - 2020年9月25日 (金) 13:09



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 どこの誰かは知らないけれど :2019/04/07(日) 01:15:10.11 ID:/E6+Cnoi.net

    怪獣映画の最高傑作はこの作品だと思います。

    ご感想、ご意見どうぞ。


    【【ガメラ】「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」シリーズ第3作 本作から、子供向けにシフト】の続きを読む



    (出典 images-fe.ssl-images-amazon.com)



    3 どこの誰かは知らないけれど :2019/03/06(水) 23:37:52.55 ID:P0Q6TuOx0.net

    ガメラシリーズで、唯一ウザイガキが
    出てこなかった作品。


    【【ゴジラ】「大怪獣決闘ガメラ対バルゴン」シリーズ第2作 ガメラ登場まではドロドロの人間劇】の続きを読む

    このページのトップヘ