ニュースマンボ

「マンボ!」は、スワヒリ語で「こんにちは」の意味です。 皆様の毎日が楽しくなるような記事をお届けします。

    カテゴリ: 新作・カバー


    アストロガンガー』は、1972年(昭和47年)10月4日から1973年(昭和48年)3月28日まで日本テレビ系で毎週水曜日19時00分 - 19時30分に全26話が放送された、ナック・宣弘社製作のロボットアニメ。 『マジンガーZ』より2か月早く放映が開始された作品で、人が巨大ロボットに入り込んで
    17キロバイト (2,056 語) - 2020年8月25日 (火) 12:25



    (出典 d2dcan0armyq93.cloudfront.net)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/09/22(火) 22:16:43.00

    2020年9月22日 20:08

    アニメ「アストロガンガー」初のBlu-rayが、12月23日に発売される。


    アニメ「アストロガンガー」より。

    (出典 pbs.twimg.com)



    1972年から1973年にかけて放送された「アストロガンガー」は、カラー放送された日本のロボットアニメとして最初期の作品。生きている金属から作られた、思考力、判断力を持ったロボット・ガンガーとIQ200の少年・カンタローが協力し、球侵略を企むブラスター星人と戦いを繰り広げる様子が描かれた。

    Blu-rayには、リマスタリングされた高画質の映像でアニメ全26話を収録。特典として解説書が封入されるほか、「アストロガンガー」のパイロット版である「アストロマン」が約18分にわたって収められる。




    アニメ「アストロガンガー」

    スタッフ

    原作:鈴川鉄久
    脚本:田村多津夫、馬嶋満、安藤豊弘、今野怜子、茂垣弘道 ほか
    演出:吉田健次郎 ほか
    作画監督・キャラクターデザイン:田中英二
    美術監督:椋尾篁
    制作:ナック、宣弘社

    キャスト

    星カンタロー:東美江
    星博士:吉沢久嘉
    ガンガー:飯塚昭三
    早川りえ:小沢かおる
    早川次長:大宮悌二
    マヤ:鈴木弘子

    https://natalie.mu/comic/news/397140

    (c)ICHI/鈴川鉄久


    【【アニメ】ナック制作「アストロガンガー」をBlu-ray化】の続きを読む


    家なき子 > 家なき子 (アニメ) 『家なき子』(いえなきこ)は、エクトール・アンリ・マロの同名児童文学作品を原作にした、東京ムービー新社製作のテレビアニメである。放送は日本テレビおよびその系列局で1977年10月2日から1978年10月1日までで、全51話キー局での放送枠は毎週日曜日の18時30分から19時00分まで。
    55キロバイト (7,033 語) - 2020年8月14日 (金) 05:47



    (出典 i.ytimg.com)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/09/09(水) 19:03:39.05

    ニュース 2020.9.7 Mon 18:20

    「家なき子 COMPLETE DVD BOOK」(C)TMS 製作 ・ 著作トムス ・エンタテインメント

    (出典 animeanime.jp)



    『あしたのジョー』などで知られる出崎統監督が手掛け、1977年に放送されたTVアニメ『家なき子』が、「COMPLETE DVD BOOK」シリーズに登場。「家なき子 COMPLETE DVD BOOK」と銘打ち、全5巻(全51話)で2020年10月29日より5か月連続リリースされる。

    『家なき子』は、フランス児童文学を原作とし、出崎監督が『あしたのジョー』『宝島』『ガンバの冒険』『スペースコブラ』『エースをねらえ!』に続いてメガホンを取り、日本テレビ開局25周年記念で当時多大なる制作費をかけてアニメ化された作品。
    幼くして過酷な運命を強いられる心優しき少年・レミが、様々な人との出会いを通じて成長していく姿を描いており、「涙なくしては見られない名作」と今なお根強いファンが多い。

    「家なき子 COMPLETE DVD BOOK」では、1巻ごとに約10話分(約4時間)を収録し、どこをとっても見応えあるシリーズ構成に。また、当時のオリジナル音声をそのまま収録しており、今は亡き名優・宇野重吉によるナレーションが、見る人を物語に引き込む。

    「家なき子 COMPLETE DVD BOOK」vol.1は1,500円(税別)で、10月29日発売。

    <vol.1 DVD内容> ※約4時間半
    第1話 シャバノン村のレミ少年
    第2話 運命の子レミ
    第3話 レミの旅立ち
    第4話 レミ ・前へ進め!
    第5話 レミの初舞台
    第6話 レミと青空教室
    第7話 ドレミファ、 レミ
    第8話 迷子のレミ
    第9話 はじめての友だち、 グレース
    第10話 思いがけない出来事
    第11話 ビタリスの裁判

    < vol.1 ブックレット内容>
    ・第1~11話ストーリー紹介
    ・設定画&キャラクター紹介1. レミ
    ・家なき子版権画ギャラリー
    ・収録話絵コンテ集
    ・OPフィルムギャラリー
    ・氷川竜介の深掘りコラム

    https://animeanime.jp/article/2020/09/07/56139.html

    (C)TMS 製作 ・ 著作トムス ・エンタテインメント
    《CHiRO★》


    【【家なき子】 出崎統監督「アニメ家なき子」  「COMPLETE DVD BOOK」全5巻発売決定】の続きを読む


    宝島』(たからじま)は、日本テレビ系列局ほかで放送されていた東京ムービー新社製作のテレビアニメである。全26話。日本テレビでは1978年10月8日から1979年4月1日まで、毎週日曜 18:30 - 19:00 (日本標準時)に放送。 ロバート・ルイス・スティーヴンソンによる児童文学『宝島
    24キロバイト (2,446 語) - 2020年8月14日 (金) 05:47



    (出典 vmimg.vm-movie.jp)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/09/11(金) 19:41:34.17

    2020年9月11日 19:06

    アニメ「劇場版 宝島」が初のBlu-ray化。11月27日にベストフィールドより発売される。


    「劇場版 宝島」より。

    (出典 pbs.twimg.com)



    1987年に公開された「劇場版 宝島」は、1978年から1979年まで放送されたTVアニメ「宝島」を再編集して映画化した作品。少年ジム・ホーキンズが宝島を目指す航海の中で成長していく様子が描かれている。構成・監督を竹内哲雄、脚本を山崎晴哉と篠崎好、作画監督を杉野昭夫が務めたほか、TVアニメで演出・監督を務めた出崎統も協力監督として参加。キャストとして野沢雅子らが出演した。

    商品には「劇場版 宝島」をBlu-ray用にリマスタリングした高画質の映像を収録。封入特典としてリーフレットが付属する。

    この記事の画像(全5件)
    https://natalie.mu/comic/news/396024



    スタッフ

    原作:ロバート・ルイス・スティーブンソン
    脚本:山崎晴哉、篠崎好
    構成・監督:竹内哲雄
    協力監督:出崎統
    作画監督:杉野昭夫
    製作・著作:トムス・エンタテインメント

    キャスト

    野沢雅子、羽佐間道夫、家弓家正、滝口順平、中尾隆聖、青野武、仲村秀生 ほか

    ※出崎統の崎はたつさきが正式表記。


    【【アニメ宝島】「劇場版 宝島」初のBlu-ray化 11月発売】の続きを読む


    『装甲騎兵ボトムズ』(そうこうきへいボトムズ、Armored Trooper Votoms)は、日本サンライズ(現・サンライズ)制作のロボットアニメ(SFアニメ)。テレビシリーズが1983年4月1日から1984年3月23日、テレビ東京系ほかで放送された。全52話。
    151キロバイト (22,393 語) - 2020年8月30日 (日) 15:50



    (出典 ic4-a.wowma.net)


    キリコは心臓へ向かう折れた針

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/08/25(火) 20:45:33.27

    その他 2020年08月25日 12:00配信

    イラスト:谷口守泰 
    (C)サンライズ

    (出典 webnewtype.com)


    1983年にテレビアニメとして誕生した「装甲騎兵ボトムズ」。原作・監督を手掛けた高橋良輔によるハードボイルドなドラマや緻密な世界観が多くのファンの心をつかみ、テレビアニメ放映後も、後日談やサブエピソードを描いたOVAや小説、漫画などさまざまなメディアで展開をしてきている。

    そして、2010年に発表されたOVA「装甲騎兵ボトムズ 幻影篇」(全6話)から10年がたった今年、高橋良輔による新作「装甲騎兵ボトムズ チャイルド」の小説連載が発表された。今回、描かれるのは「幻影篇」の後日談。キリコが、ワイズマンから託された己の後継者となる“神の子”とともに、宇宙へと脱出した後の物語が語られる。

    果たしてキリコと幼子を待ち受けているものとは……。

    さらに今回、小説の連載開始にあたって、高橋氏からコメントが到着しました。

    <高橋良輔コメント>
    『神の子、小説にします!』

    アニメーションに関わって五十年余り、

    「どうでした? 幸せでした?」

    と聞かれることが多くなりました。まあそれは私が歳になったということなのだと思います。いろいろなことが頭を*めますが、概ね、

    「幸せでしたよ」

    と答えています。

    「辛かったことは?」

    とも聞かれますが、辛かったことも無くはありませんが、言葉にするほどのことはなかったように思います。

    「良かったこと、もしくは嬉しかったことは? 具体的に?」

     この質問には明確に答えられます。

    作り手としては、見ていただけた方とのやり取りが本当にうれしい。その昔はお手紙が多かったですね。それから色々なイベントでの直接的な交流。数少ないですがサイン会なんてものの一言二言の会話、本当にうれしいです。

     で、嬉しがっていると、時折はっとするような質問や要望が飛び出ることがあります。ボトムズで言えば、

    「あの幻影編の神の子はどうなるんです? キリコが本当に育てるんですか? 約束しましたよねキリコ」

    「フィアナはどうなってるんです? カプセルに入って宇宙を流れていますが、生きてるんですか*でるんですか?」

    「神の子をキリコとフィアナ二人が育てる、ってのはどうです? そうなるといいなあ」

    (うわっ‼)

     と思います。作り手にとってファンの声は神の声ですからね。どうしようどうしよう、

    (何とかしなくちゃあ!)

     と思い続けて、もう何年でしょう。このことはファンだけでなくスタッフも、

    「どうすんですか、あれ? ちゃんとしてくださいよ」

     と攻め続けています。

     キリコも約束したかもしれませんが、私も約束しました、確かに。

    「あの決着はつけます! たとえ映像にならなくても、何らかの手段で」

     するとすかさず、

    「小説にしましょう小説に! 小説ならすぐにも始められるじゃありませんか!」

    「すぐにも⁉」

     なんてことを言うんだ、

    (書くのは私でしょうが!)

     と心で叫んでも、

    「約束ですものねえ。やらないわけにはいかないじゃないですか」

     とんとんと段取りを組まれてしまった。

    (さあ大変なことになっちゃたぞ!)

     内心の焦りはともかく、

    「キリコも私も、約束は守る男だから」

     と胸を張ってしまった。

     胸は張ってしまったのだが、大丈夫なのか良輔‼

    小説「装甲騎兵ボトムズ チャイルド」は、9月25日(予定)より、WebNewtypeと電撃ホビーウェブにて月2回更新(毎月10日・25日)でスタートします。


    【「装甲騎兵ボトムズ 幻影篇」あらすじ】
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    https://webnewtype.com/news/article/241419/


    【【ボトムズ】 「装甲騎兵ボトムズ」小説Web連載が始まる キリコが後継者と共に宇宙へ脱出したあとの物語】の続きを読む


    サンダーバード』 (Thunderbirds) は、1965年から1966年にイギリスで放送された人形劇による1時間枠の特撮テレビ番組。 1966年に『サンダーバード 劇場版』、1968年に『サンダーバード6号』が劇場公開された。2004年にはアメリカ合衆国で製作された実写版映画が公開され、2015年からはリブート版『サンダーバード
    106キロバイト (13,300 語) - 2020年8月4日 (火) 01:48



    (出典 revimg03.kakaku.k-img.com)


    音楽最高

    1 少考さん ★ :2020/07/25(土) 08:32:53.10

    『サンダーバード』50周年記念 新作『アニヴァーサリー・エピソード』のトレーラー映像公開 - amass
    http://amass.jp/137194/

    (出典 i.ytimg.com)


    英国の特撮TV番組『サンダーバード』の50周年を記念して制作された新作『サンダーバード:アニヴァーサリー・エピソード(Thunderbirds: The Anniversary Episodes)』のトレーラー映像が公開されています。

    今年5月?6月に『サンダーバード』の伝統を受け継ぐ新作スーパーマリオネーション・ドラマ『Nebula-75』を公開した英Century 21 FilmsのYouTubeチャンネルによると、このアニヴァーサリー・スペシャルは、1960年代の本物の音声録音と、レディ・ペネロープ、パーカー、トレイシー・ファミリーなどのキャラクターを蘇らせた新たに復活したスーパーマリオネーション技術を組み合わせて制作されています。


    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    画像引用元・トレーラー映像

    (出典 Youtube)


    【【特撮】『サンダーバード』50周年 新作映画のトレーラー映像公開 英フィルム会社 60年代の音声も】の続きを読む

    このページのトップヘ