ニュースマンボ

「マンボ!」は、スワヒリ語で「こんにちは」の意味です。 皆様の毎日が楽しくなるような記事をお届けします。

    カテゴリ:TV > 少年アニメ(TV)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    オヨネコぶーにゃん』は市川みさこのギャグ漫画作品またはそのアニメ化作品。 1973年から『週刊少女コミック』(小学館)に連載。 当初の題名は『しあわせさん』であったが、アニメ化を機にタイトルを変更した。 また連載開始当初は内容が大幅に異なっており、その後試行錯誤を繰り返した末に「オヨヨ」を主人公に据えたギャグものに転換された。
    19キロバイト (1,310 語) - 2019年10月27日 (日) 21:59



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    1 名無しか・・・何もかも皆懐かしい :04/06/23 06:18 ID:yDi/qf8T.net

    知ってる方はどしどし語って下さい。


    【【懐アニ】「オヨネコぶーにゃん」 このキャラ,いたいた!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『オリンポスのポロン』は、吾妻ひでおの漫画作品。 1977年から1979年に『月刊プリンセス』に掲載され、一度完結した。1982年から1983年に『おちゃめ神物語コロコロポロン』のタイトルでアニメ化され、平行してアニメと同タイトルで『100てんコミック』で連載した。
    32キロバイト (3,972 語) - 2020年5月23日 (土) 09:07



    (出典 auctions.c.yimg.jp)





    7 レアハンター ◆8UncGWrn.Y :2012/09/20(木) 13:46:18.13 ID:???.net

    >>1

    ところで「泳げ!ポセイドン」の回で、ポロンちゃんが「しめこちゃん!」って言っていたがソレって何だ?


    【【懐アニ漫画】「おちゃめ神物語コロコロポロン」 ロリータという言葉は吾妻氏によって広がったのだろうか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    もーれつア太郎』(もーれつアたろう)は、『週刊少年サンデー』(小学館)の1967年48号から1970年27号、および『コミックボンボン』(講談社)の1990年4月号から1991年1月号、『テレビマガジン』(講談社)の1990年5月号から1991年1月号に連載された、赤塚不二夫とフジオ・プロによる日
    134キロバイト (18,613 語) - 2020年7月18日 (土) 06:43



    (出典 img.aucfree.com)



    1 名無しか・・・何もかも皆懐かしい :2020/02/16(日) 16:24:29.07 ID:orT9TyJX.net

    第1作
    1969年4月4日~1970年12月25日
    全90話
    NETテレビ系(現テレビ朝日)

    第2作
    1990年4月21日~同年12月22日
    全47話
    テレビ朝日系


    【【懐アニ】「もーれつア太郎」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    2006年11月15日)は、日本の漫画家。栃木県那須郡烏山町(現・那須烏山市)出身。血液型はAB型。 代表作に『ゲッターロボ』、『魔獣戦線』、『虚無戦記』、『極道兵器』などがある。バイオレンス描写をメインに、スペースオペラ、ヒーローロボット、時代劇・忍術、任侠、ゴルフなど多岐にわたる主題を扱った。
    18キロバイト (2,312 語) - 2020年8月15日 (土) 07:33



    (出典 vmimg.vm-movie.jp)



    1 muffin ★ :2020/11/02(月) 13:59:18.36 ID:CAP_USER9.net

    http://spice.eplus.jp/articles/278014
    2020.11.02

    1974年の連載開始から46年を迎える、永井豪・石川賢による大ヒット漫画「ゲッターロボ」シリーズ。その最終章である『ゲッターロボ アーク』のアニメ化がついに決定し、ティザービジュアルとPV第1弾が公開された。

    『ゲッターロボ アーク』は、1974年に連載が開始された永井豪・石川賢による漫画『ゲッターロボ』をはじめとする《ゲッターロボ・サーガ》の最終作品。《ゲッターロボ・サーガ》とは、『ゲッターロボ』から始まる諸作品の総称。原点である『ゲッターロボ』は、元祖合体変形ロボットと言われており、その後『ゲッターロボG』(1975~)、『ゲッターロボ號』(1991~)、『真ゲッターロボ』(1997~)と描き続けられ、2001年に双葉社のアクションピザッツ増刊『スーパーロボットマガジン』に連載開始されたのが『ゲッターロボ アーク』だ。2006年に石川賢が急逝したため、『ゲッターロボ アーク』も《ゲッターロボ・サーガ》も未完の名作となっていた。

    今回制作されるアニメ版『ゲッターロボ アーク』は、原作の特徴をより色濃く反映させた作品となっているとのこと。公開されたティザービジュアルでは、物語の主人公・流拓馬(ながれ たくま)と主人公機<ゲッターアーク>、そして『ゲッターロボ』の初代パイロットであり、その後のシリーズにも深く関わっている神隼人(じん はやと)が描かれている。

    また、PV第1弾では、OVA作品「真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日」で、高い人気を誇る影山ヒロノブによる楽曲「HEATS」を、新録したニューバージョン「HEATS 2021」に載せ、躍動する<ゲッターアーク>の姿も確認できる。本作の監督は『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』『新ゲッターロボ』などの作品を手掛けた川越淳、アニメーション制作はOVA「ゲッターロボシリーズ」のBee・Mediaが担当します。シリーズ誕生からはや46年。「ゲッターロボ」という作品が放つ、迸るような“熱き魂”が、令和の閉塞と混沌を突き破る。

    さらに、『ゲッターロボ アーク』のアニメ化を記念して11月2日(月)12:00~9日(月)10:00まで、YouTubeにてOVA版「ゲッターロボ」三作品、「真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日」全13話、「真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ」全4話、「新ゲッターロボ」全13話の無料配信が実施されている。
    続きはソースをご覧下さい

    「ゲッターロボ アーク」PV第1弾

    (出典 Youtube)

    無料配信作品
    https://www.youtube.com/c/BANDAISPIRITS/videos


    (出典 ogre.natalie.mu)


    【【ゲッターロボ】「アーク」アニメ化決定 YouTubeで「ゲッターロボ」三作品を無料配信】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『勇者ライディーン』(ゆうしゃライディーン)は1975年(昭和50年)4月4日から1976年(昭和51年)3月26日まで、金曜日19時00分 - 19時30分にNETテレビ系列で放送されたテレビアニメ。全50話。 この時間枠は長らくMBS担当だったが、1975年3月31日の「ネットチェンジ」によって
    66キロバイト (9,329 語) - 2020年5月1日 (金) 07:54



    (出典 image2.b-ch.com)



    1 名無しか・・・何もかも皆懐かしい :2010/10/29(金) 05:20:56 ID:???.net

    前スレ
    勇者ライディーン
    http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/ranime/1165406358/


    【【懐アニ】「勇者ライディーン」】の続きを読む

    このページのトップヘ