ニュースマンボ

「マンボ!」は、スワヒリ語で「こんにちは」の意味です。 皆様の毎日が楽しくなるような記事をお届けします。

    カテゴリ:TV > 特撮(TV)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダー仮面ライダー』(かめんライダー)は、1971年(昭和46年)4月3日から1973年(昭和48年)2月10日まで、NET系列で毎週土曜19:30 - 20:00(JST)に全98話が放送された、毎日放送・東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称である。
    206キロバイト (25,749 語) - 2020年11月1日 (日) 06:59



    (出典 i.pinimg.com)



    1 :2020/11/06(金) 16:44:30.32 ID:skrz23Vl0●.net BE:788192358-2BP(10000)


    (出典 img.5ch.net)

    「真骨彫製法 仮面ライダーBLACK」商品化記念インタビュー<1> 石森プロ・早瀬マサト
    2020-10-26 11:00 更新

    ──早瀬さんが石森プロに入社したのは漫画版『仮面ライダーBla*』がきっかけだそうですね。

    早瀬:『あの頃の僕はファンの一人で、石ノ森先生が久しぶりに少年誌で『仮面ライダー』を連載されると知り心が色めき立っていました。そして「週刊少年サンデー」を毎週楽しみにして読んでいたのですが、ある時に誌面の外側にある「柱」にアシスタント募集の告知が載っていたんです。当時はまだ大学生でしたが「これはチャンスだ!」と思い応募しました。しかし、それは『Bla*』終了後の企画を見据えての募集だったので、自分が入社したのは大学を卒業した後の平成元年だったんですよ。既にテレビでは次回作の『仮面ライダーBLACK RX』が始まっていました。

    (中略)

    ──昭和に誕生した『仮面ライダー』が『BLACK』を経て、平成と令和シリーズに受け継がれました。このように仮面ライダーが長く続いている理由は何だと思いますか?

    早瀬:かつて石ノ森先生はこう仰っていたんですよ。「仮面ライダーは時が来れば必ず復活するので、ブランクがあっても慌てることはない。だから君達は仮面ライダー以外の企画を考えなさい」と。そして実際に今もこうしてシリーズが続いています。それは仮面ライダーが時代に合わせて柔軟に変化したからだと思うんですよ。先ほどお話ししたようにトレードマークのマフラーを捨て、グローブやブーツの表現も廃止しましたが、そのように新しいものを生むためには過去のものを否定する事も大切なんですよ。あまり過去に囚われるとシリーズとして前に進めないし、新規のファンも呼び込めなかったと思います。そして平成ライダーの奇想天外なデザインに驚かれた方も多いと思いますが、石ノ森先生が考えられたライダーの未採用案にも突飛なデザインが多かったんですよ。とてもヒーローのデザインとは思えない顔だったり、胸のコンバーター・ラングがライダーの顔になっていたり、その振り幅の広さには私も驚かされました。だから平成シリーズにブッ飛んだデザインのライダーが出てきても、所詮は石ノ森先生の手のひらの上で踊っているに過ぎないんです。ですからライダーのデザインを担当される方は大変だと思いますよ。「いかにして石ノ森先生の手のひらから逸脱するか」という戦いですから(笑)。

    ──『クウガ』からは改造人間という設定も無くなりましたね。

    早瀬:それは医療技術が発展して人工臓器移植などが当たり前の時代になったからです。しかし、そのような人工臓器はあくまでも代替品であり、ライダーのようなスーパーパワーを得るわけでなく、それどころか苦しんでいる方もいらっしゃいます。それで改造人間という設定はオミットせざるを得なくなりました。最初はライダーらしさを失うのではないかという懸念はありましたが、差別を助長する恐れがあるヒーロー番組を作るわけにはいきませんからね。また一つの作品に複数のライダーが登場するようになったのは、正義は決して一つではなく、立場や人によって様々という時代の縮図みたいなところもあると思います。

    https://tamashii.jp/t_kokkaku/141/
    てつをのインタビューもアリ


    【【特撮】平成仮面ライダーが「改造人間じゃない」「バイクに乗らない」のはなぜ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 magmix.jp)



    1 フォーエバー ★ :2020/11/04(水) 00:30:42.22 ID:CAP_USER9.net

    子供たちの口づてで全国に広がった替え歌

     突然ですが、「♪インドの山奥で~」と聞いたら、あなたは続けて何と歌うでしょうか?

    「出っ歯のハゲあた まんじゅうくったら~」?
    「でんでんかたつむ リンゴはまっかか~」?

     これは、1970年代前半に全国の小学生の間で大流行し、90年代に入ってもなお歌い継がれていた、スーパーロングヒット替え歌です。いえ、もしかしたら今でも密かに、歌い継がれているのかもしれません。

     元の歌は、1972年10月から翌1973年12月まで放送された特撮テレビ番組『愛の戦士レインボーマン』の主題歌「行けレインボーマン」です。悪の組織から日本を守るヒーローの正義の心意気を歌ったもので、「♪インドの山奥で修行して ダイバ・ダッダの魂やどし 空にかけたる虹の夢……」と勇ましく続くのですが、元歌の方をちゃんと覚えている人は少ないのではないでしょうか? 

     それどころか、この替え歌の元がレインボーマンの主題歌だとは知らずに歌っていた人も少なくないでしょう。『愛の戦士レインボーマン』放送終了後も長らく歌われていたのですから、番組を見たことがない人もいるはずです。そんな子供たちでも、学校の休み時間や帰り道、そして家に帰ったら兄弟と一緒に、大声で歌っていました。いったい、この替え歌の何が、小学生たちを虜(とりこ)にしたのでしょう?

     子供の頃歌っていた人はご存じの通り、レインボーマンの替え歌は単なる替え歌ではなく、単語の最後の文字をつないでいく“しりとり歌”でした。

     曲頭の「♪インドの山奥で」の「で」に続けて、テンポ良くフレーズをつなげていく、いわば言葉遊び歌。誰が最初に歌い出したのかはわかりませんが、おそらく子供たちのその場のノリで歌詞はどんどん変えられ、プラスされ、枝分かれしていったのでしょう。さまざまなバージョンが口づてで広がり、日本全国には数え切れないほどの歌詞違いが存在しています。ただし、記録に残されているわけではなく、かつて小学生だった大人たちの記憶のなかにだけ残っている歌です。

    11/3(火) 15:10配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/058ae696b0cf61459790c528e09da81b831cc953?page=1
    ★1:2020/11/03(火) 18:21:38.81 前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1604395298/
    https://i.imgur.com/3BXq*m.jpg


    【【インドの山奥でんでんかたつむり】「愛の戦士レインボーマン」の歌、替え歌しか知らない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    人形劇 三国志』(にんぎょうげき さんごくし)は、1982年10月2日から1984年3月24日までNHKでテレビ放送された人形劇である。 『三国志演義』(立間祥介訳)をモチーフに魏、呉、蜀三国の興亡を描いた作品で、美しい人形人形美術家・川本喜八郎が担当した。番組開始時および人形劇
    21キロバイト (2,611 語) - 2020年8月25日 (火) 01:01



    (出典 i.ytimg.com)



    1 無名武将@お腹せっぷく :2016/11/26(土) 19:39:38.54

    NHK人形劇三国志について語るスレです。

    前スレ
    NHK人形劇三国志 第五回
    http://hayabusa6./test/read.cgi/warhis/1211532326/

    人形劇三国志フラッシュ
    http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/7170/san_love.swf


    【NHK人形劇三国志 「桃園の誓い」から始まる大作】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    仮面ライダーシリーズ > 変身ベルト 変身ベルト(へんしんベルト)は 仮面ライダーシリーズなどの特撮作品に登場する、主人公および主要人物が仮面ライダーなどのヒーローに変身するためのベルト。 1.を模した、なりきり玩具の名称。 本項目では仮面ライダーシリーズを中心に2について記述する。 変身
    16キロバイト (2,306 語) - 2020年1月25日 (土) 11:03



    (出典 i.ytimg.com)



    1 Kちゃん(SB-Android) [BR] :2020/10/25(日) 09:39:49.81


    『仮面ライダー変身ベルト』が50年間“男子の憧れ”であり続けるワケ 開発陣に伝わる教訓「その武器で地球が救えるのか?」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b68da09f9f4564ff7ff1d1d2ec73ddba1e6a1c70


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=293&q=90&exp=10800&pri=l

    1971年4月の放送開始以降、多くの男子を魅了し続けている『仮面ライダー』シリーズ。なかでも主人公が腰に巻き、ポーズを決めるとライダーに変身する「変身ベルト」は、玩具としても発売され、データの残る平成以降だけでも累計1400万本を出荷する大ヒットを記録している。
    ではなぜ『仮面ライダー変身ベルト』は、世代を超えて50年もの間、子どもたちの憧れであり続けるのか。販売するバンダイのブランドデザイン部に話を聞いた。

    【貴重写真】初代をはじめV3、クウガ、龍騎、最新作セイバーまで歴代「仮面ライダー変身ベルト」

    ■失敗してもいいから新しいことに挑戦する社風が初代の大ヒットに
     『仮面ライダー』放送開始当初から、玩具として発売されていた「変身ベルト」だったが、最初は、バンダイではない他社が制作・販売を担っていた。だが、あることがきっかけで、バンダイの子会社でキャラクター玩具を専門に扱うポピーが取り扱うことになったという。

    「ポピーの企画担当者が、他社様から販売されていた仮面ライダーの変身ベルトを自分の子どもに買い与えたところ、『テレビに出てくるのと違う!』と言われたそうなんです。そのベルトは、番組に出てくる変身ベルトのように中心が光らないし回らなかったんですね。そこで、番組を制作している東映に話を持ち掛け、光って回る変身ベルトを開発、販売することになったのがすべての始まりでした」

     テレビの中の仮面ライダーと“同じ”ベルトを着けて、ライダー気分を味わいたい。そう思った子どもたちの期待に応え、ポピーが制作した初代変身ベルトは、実に380万本を売り上げる大ヒット商品となった。

    「今とは子どもの数の分母が違いますし、視聴率が高かったこともありますが、担当者のお子さんと同じような思いを抱いていた子どもたちがたくさんいたことが大ヒットにつながったのかもしれません。
    ただ、開発には苦労したようです。電動で回って光るものを作ろうとすると、やはりコストがかかります。でも、子ども向けの玩具ですから、価格はある程度抑えなければなりません。
    ただ弊社には、失敗してもいいから新しいことに挑戦して、常に新しいものを世に送り出していこうという社風があるので、果敢に挑んだと聞いています」


    【「仮面ライダー変身ベルト」発売50周年。バンダイが人気の理由を語る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『ヤンマーファミリーアワー 飛べ!孫悟空』(ヤンマーファミリーアワー と そんごくう)は、1977年10月11日から1979年3月27日まで毎週火曜19時00分 - 19時30分(JST)に、TBS系列などで放送されたテレビ人形劇。ヤンマーディーゼル(現・ヤンマーホールディングス)の一社提供かつ
    32キロバイト (2,399 語) - 2020年10月3日 (土) 12:35



    (出典 i.pinimg.com)



    1 もしもし、わたし名無しよ :04/03/28 14:11.net

    ドリフ人形劇「飛べ!孫悟空」に語りましょう。
    ついでにDVD化にもご協力下さい↓
    http://www.tanomi.com/metoo/naiyou.html?kid=15041


    【ドリフターズの人形劇「飛べ!孫悟空」 ニンニキニキニキ ニンニキニキニキ ニニンガ三蔵】の続きを読む

    このページのトップヘ