ニュースマンボ

「マンボ!」は、スワヒリ語で「こんにちは」の意味です。 皆様の毎日が楽しくなるような記事をお届けします。

    カテゴリ:映画 > 特撮(映画)

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    オーメン』(The Omen)は、1976年に製作されたアメリカ合衆国の映画作品。6月6日午前6時に誕生し、頭に「666」のアザを持つ悪魔の子ダミアンを巡る物語。 音楽を担当したジェリー・ゴールドスミスが第49回アカデミー作曲賞を受賞した。 題名の“omen”は一般的な英語で前兆のこと。
    14キロバイト (1,749 語) - 2020年8月4日 (火) 09:01



    (出典 prod.akimg.tv.rakuten.co.jp)





    1 無名画座@リバイバル上映中 :2014/06/06(金) 17:43:20.47 ID:Ri3dVEca.net

    エクソシストに次ぐ70年代オカルトホラー映画の傑作が何故無い?
    という事で、オーメン三部作を語れ。

    前スレ
    † オーメン 【THE OMEN】 6 6 6 †
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1132626568/


    【【ホラー映画】「 オーメン」 ダミアンと666は当時誰もが知っている言葉だった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    大脱走』(だいだっそう、原題: The Great Escape)は、1963年公開のアメリカ映画。戦闘シーンのない集団脱走を描いた異色の戦争映画。監督はジョン・スタージェス。出演はスティーブ・マックイーン 、ジェームズ・ガーナー、チャールズ・ブロンソン 、ジェームズ・コバーン 、リチャード・アッテンボロー
    52キロバイト (7,969 語) - 2020年10月12日 (月) 22:50



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    1 無名画座@リバイバル上映中 :2016/05/10(火) 13:58:34.12 ID:OMJ3RY7z.net

    ヒルツかっこよすぎ


    【【洋画名作】「大脱走」 みんな逃げ切ってほしかった。。。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    史上最大の作戦』(The Longest Day)は、1962年アメリカ映画。モノクロ。20世紀フォックスが製作・配給。第二次世界大戦における連合国軍ノルマンディー上陸作戦(全体の作戦名はオーヴァーロード作戦詳細を描いたコーネリアス・ライアンによるノンフィクション「The Longest
    44キロバイト (5,184 語) - 2020年10月22日 (木) 20:18



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    1 無名画座@リバイバル上映中 :2015/03/05(木) 04:16:50.32 ID:+MVDb2I6.net

    オールスター中のオールスター戦争映画!
    何度見ても褪せる事のない構成とエピソードの数々
    後年の戦争映画がいくらかかってもかなわない!
    て事で立てちゃいました
    前スレ不明で御免!


    【【洋画名作】「史上最大の作戦」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『ナヴァロンの要塞』(ナヴァロンのようさい、The Guns of Navarone)は、イギリス作家アリステア・マクリーンが1957年に発表した、第二次世界大戦を題材とした戦争小説である。1961年に映画化され、小説・映画ともども評判となった。映画邦題は『ナバロンの要塞』である。 本作
    16キロバイト (1,773 語) - 2020年9月18日 (金) 12:46



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :05/01/08 13:32:37 ID:DuggDNsE.net

    昔は洋画劇場とかTVでよく放送されてたよなぁ。こうゆう映画。
    細かい所は覚えてないけど、どきどきして熱くなったもんだ。
    レンタル店に置いてるかなぁ。久々観たくなってきた、
    「Uボート」とかも。


    【【名作洋画】「ナバロンの要塞」「ナバロンの嵐」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    荒野の七人』(こうやしちにん、The Magnificent Seven)は、1960年アメリカ合衆国西部劇映画。 監督はジョン・スタージェス、出演はユル・ブリンナーとスティーブ・マックイーンなど。 黒澤明監督日本映画『七人の侍』(1954年)舞台を西部開拓時代
    39キロバイト (5,696 語) - 2020年10月20日 (火) 08:48



    (出典 sabage-archive.com)



    1 無名画座@リバイバル上映中 :2009/03/06(金) 16:54:33

    第2作『続・荒野の七人』(1966年)では、クリス役のユル・ブリンナー以外はキャストが交代あるいは新規の配役となっている。
    『ララミー牧場』のロバート・フラーがヴィン役を演じている。
    チコ役はジュリアン・マテオスが演じ、メキシコ人である本来の設定通りとなった(初代チコ役のホルスト・ブッフホルツはドイツ人)。
    クリス役は、第3作『新・荒野の七人 馬上の決闘』(1969年)ではジョージ・ケネディに、
    第4作『荒野の七人 真昼の決闘』(1972年)ではリー・ヴァン・クリーフに交代された。
    前スレッド
         荒野の七人
    http://gimpo./test/read.cgi/kinema/1130017973/l50


    【【名作洋画】「荒野の七人」       】の続きを読む

    このページのトップヘ