ニュースマンボ

「マンボ!」は、スワヒリ語で「こんにちは」の意味です。 皆様の毎日が楽しくなるような記事をお届けします。

    カテゴリ: サイエンス


    薬害オンブズパーン会議(やくがいオンブズパースンかいぎ、略称「薬害オンブズパースン」)は、薬害エイズ訴訟の弁護団と全国市民オンブズマン連絡会議の呼びかけにより、1997年に発足した薬害防止を目的とする民間の医薬品監視機関(NGO)。医師、薬剤師、薬害被害者、弁護士、市民ら(定員20名)で構成されている。
    5キロバイト (615 語) - 2020年3月30日 (月) 09:39



    (出典 i.ytimg.com)


    もう一つの「東大の研究」記事と合わせると、単独では効かないけどナファモスタットと併用すると重症者に効果がある。アビガンを軽症者に投与すると副作用で死ぬことがある ということ?

    1 ガーディス ★ :2020/07/10(金) 14:14:18.22

    薬害オンブズパースン会議は、新型コロナウイルスに対して藤田医科大学が実施中の抗インフルエンザ薬「アビガン」の観察研究について、軽症者の死亡率が高いとして、新たな患者登録をいったん中止するよう求める意見書を公表した。アビガンを観察研究の枠組みで使用し続けることはかえって患者の利益を損ねるとし、厳密なランダム化比較試験の結果による有効性の証明なしに承認すべきでないと改めて訴えた。


     意見書では、藤田医大が公表したアビガン観察研究の中間報告において、致死率が11.6%に達したことを指摘。厚生労働省の新型コロナウイルス診療の手引きの全国集計による致死率1.6%や中国CDCが公表している致死率2.3%と比べて明らかに高いとし、「このことはアビガンが有効でない可能性、さらに有害な可能性を示すもの」との見解を示した。
    https://www.yakuji.co.jp/entry80118.html
    ★1)2020/07/10(金) 13:26:49.70
    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1594355209/


    【「アビガン 有効でない、または有害」 藤田医大の観察研究から、薬害オンブズ会議が意見書】の続きを読む


    太平洋、大西洋、インド洋に広く分布している。日本では本州の太平洋湾岸でよく見られる。カツオが到来する時期に海流に乗ってきて、浮き袋の見た目が烏帽子に似ていることから三浦半島や伊豆半島でカツオノエボシと呼ばれるようになった。 英名の Portuguese Man O' War
    10キロバイト (1,271 語) - 2020年7月9日 (木) 17:08



    (出典 previews.123rf.com)


    色は危険ぽいが、姿はかわいい。知らないで触るとヤバいな

    1 :2020/07/10(金) 09:43:46.06 ID:vDoy+em20.net BE:468394346-PLT(15000)


    (出典 img.5ch.net)

    猛毒を持つクラゲ「カツオノエボシ」が、神奈川県茅ケ崎市など相模湾沿岸に相次いで漂着している。
    今夏は県内すべての海水浴場が開設されないことから、かながわ海岸美化財団(同市汐見台)は
    「海岸には救護所がないため、決して触れないで」と例年以上に注意するよう呼び掛けている。

    カツオノエボシは、ガラスのような透き通った青色の浮袋(10センチ前後)が特徴。猛毒を持ち、
    「電気クラゲ」とも呼ばれる。ひものように長い触手で刺されると電気ショックを受けたような痛みが走り、
    呼吸困難となって死亡する例もあるという。
     同財団によると、職員が5日、近くの茅ケ崎海岸で複数のカツオノエボシを見つけた。約5メートル間隔で砂浜に
    打ち上がっており、他の海岸でも同様のケ-スが想定されるとみている。県の担当者は「活発な梅雨前線の影響で、
    南寄りの風が強かったことから海岸に吹き寄せられたのでは」と分析し、注意を喚起している。

    今夏は新型コロナウイルス感染症の影響で、県内全25カ所の海水浴場が開設中止となった。
    例年と異なり海水浴シ-ズンでも救護所が配置されないため、県などは海岸で十分な安全対策が確保されていないとして
    遊泳の自粛を呼び掛けている。



    (出典 uproda.2ch-library.com)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/0c7bc6ff3d339ca654e1a02069a78af25bfadd7a


    【【画像】刺されると死亡もある「カツオノエボシ」相模湾に漂着中】の続きを読む



    (出典 www.dcm-ekurashi.com)


    手袋はかえって危ない。。は最初から言われてた



    1 シャチ ★ :2020/07/09(木) 19:38:56.47

    新型コロナウイルスの影響で提言された「新しい生活様式」も、今やすっかり日常に溶け込み、ソーシャルディスタンスやマスク着用、手洗いはもはや当たり前となっている。

    これに加えて近ごろは、飲食店やスーパー、コンビニなどの従業員や客をはじめ、デリバリーの配達員、電車やバスの乗客などでも「手袋」をしている人をよく見かけるようになった。

    誰が触れたか分からない商品や釣銭、つり革など日常生活では直にさわるのをためらうものがあるのは確かだが、あの「手袋」は本当に感染予防として役立っているのだろうか?

    ニュースで手袋をつけた医療関係者の姿を見ることから効果があるようにも思うのだが、一方で手袋をしていても、スーパーのレジなどで前の客も同じように対応しているのを見ると感染リスクは結局同じことのような気もする。

    「新しい生活様式」では手袋に言及していないことから、やはりしなくてもいいのか? 日常生活の感染予防で手袋を使う効果はあるのか?

    日本環境感染学会の専門家に話を聞いてみた。

    感染対策としては不適切だと思います
    ――スーパーの店員や一般の人が「手袋」をしているのは感染対策になる?

    感染対策としては不適切だと思います。

    手袋をしていることによって、「自分の手は汚れない」という安心感があるのかもしれません。しかし、手袋にはピンホールという目に見えない小さな穴が一定の割合で開いています。このピンホールは、使用することによって多くなります。

    また、長時間同じ手袋を使い続けると汚染がひどくなり、そのまま様々な物や場所を触ると「汚染を拡げる」というリスクを高めることになります。

    よって、一般社会では感染対策として手袋を着用するより、適切なタイミングで手洗いや手指消毒を実施する方が有効だと思います。


    ――「手袋」ごと消毒するのは感染対策として有効?

    「手袋のまま消毒すれば良い」と思われる方もおられると思いますが、手指消毒剤は手に擦り込むことによって効果があるものです。また、消毒剤によって手袋が劣化しやすく、破れたり穴が開いたりすることになります。


    ――一般の人と病院での「手袋」の使い方はどう違う?

    医療者が病院で手袋を使用する場合は、患者間の交差感染を防ぐために、必ず患者ごとに交換します。また、目に見えて汚れた場合も、汚染を拡げないために交換します。

    血液や排泄物などを扱った場合は、目に見える汚れがなくても、汚染している可能性があるため交換します。このように医療現場で手袋は患者ごとや処置ごとなど、こまめに交換して使用します。

    また、「手袋をしているから手は汚れない」ではなく、手袋は手の汚れを少なくするために使っています。手袋にはピンホールも開いていますし、手袋を脱ぐときに汚れる可能性は高いので、正しい脱ぎ方を練習し、手が汚れないように脱ぎます。そして手袋を脱いだ後は必ず手洗いまたは手指消毒を行います。(以下ソースで)


    7/9(木) 11:30配信 FNNプライムオンライン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/57bc15229dcc3743471e8ed609989816e029bc94?page=1
    画像

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【新型コロナ】スーパー店員の手袋着用は「不適切」 かえって感染を拡げる可能性も 】の続きを読む


    アリ(蟻、螘)は、ハチ目・アリ上科・アリ科(Formicidae)に属する昆虫である。体長は1 -30 mmほどの小型昆虫で、人家の近くにも多く、身近な昆虫のひとつに数えられる。原則として、産卵行動を行う少数の女王アリと、育児や食料の調達などを行う多数の働きアリ
    45キロバイト (6,743 語) - 2020年7月4日 (土) 15:41



    (出典 ant.miyakyo-u.ac.jp)


    では彼らは何のために存在しているのか

    1 ばーど ★ :2020/07/01(水) 18:52:44.06

     あたかも常識のように知れ渡っていることが、じつは誤りだった。そんな定説が覆った例がある。「働きアリは、働かない」もその一つだ。

     米・アリゾナ大学が、2週間にわたってアリの巣をHDカメラで観察しつづけた結果、働きアリの71.9%は半分以上の時間で怠けており、25.1%に至っては一度たりとも働いている姿が観測されなかった。リアルに働いていたのは、わずか2.6%だったという。

     ABEMAで放送された『ABEMA的ニュースショー』、その「科学が証明 新常識」のコーナーでは、その他にも野球界で言われている「ラッキー7」に関して、過去7年分の日本プロ野球におけるイニング別得点数を集計したところ、最も得点が入りやすいのは7イニング目ではなく、初回だったことも明かされた。

     働きアリがじつは働かないという事実を知った視聴者からは「2割はニート」「まるで社会の縮図」「聞いたか、経営者」などの声が上がっていた。

    7/1(水) 18:06配信 ABEMA TIMES
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9edff81733fee4ca7ae347c5a3770f8caf031614

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【研究】働きアリの97.4%は、「働いていない」!?】の続きを読む



    (出典 mizuhoclinic.jp)


    こんなのが流行ってるのか。。病院が勧めているとはね

    1 シャチ ★ :2020/06/17(水) 22:15:39.26

    6/17(水) 18:06配信 共同通信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f048418835389fdeca2315b9c883a3ee1cee8707
     日本医師会(日医)の今村聡副会長は17日の記者会見で、医療機関が糖尿病治療薬をやせ薬として使う「GLP1ダイエット」と呼ばれる減量方法に関し、下痢などの副作用が出る恐れがあるとして、安易に利用しないよう注意を呼び掛けた。「やせるホルモン」などとの宣伝で自由診療が広がっており、今村氏は「医薬品の適正使用の観点から禁止すべきだ」と訴えた。

     この薬は本来糖尿病治療に使われる「GLP1受容体作動薬」。美容整形外科を中心に「1日1回注射するだけ」「空腹感を抑えられる」などとうたい、全額自己負担の自由診療で使っている。


    【糖尿病薬を使う「GLP1ダイエット」は副作用の危険も】の続きを読む

    このページのトップヘ