ニュースマンボ

「マンボ!」は、スワヒリ語で「こんにちは」の意味です。 皆様の毎日が楽しくなるような記事をお届けします。

    タグ:うる星やつら

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『うる星やつら4 ラムフォーエバー』は、高橋留美子原作の漫画及びテレビアニメシリーズの『うる星やつら』の劇場版オリジナル長編アニメーションである。1986年2月22日公開 。 本作品は、テレビシリーズ『うる星やつら』放映中では最後に作られた。 レベルの高い作画や美術設定とは裏腹に、本来のラブ
    9キロバイト (1,129 語) - 2020年9月23日 (水) 09:02



    (出典 auctions.c.yimg.jp)



    1 名無し募集中。。。@\(^o^)/ :2017/07/09(日) 11:11:02.31 0.net

    名作になり損ねた作品


    【【うる星やつら】劇場版「ラム・ザ・フォーエバー」ラムが失踪!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    うる星やつら2 ビューティフルドリーマー』(うるせいやつらツー ビューティフルドリーマー)は、高橋留美子原作『うる星やつら』の劇場版オリジナル長編アニメーションの第2作。1984年2月11日に東宝系で公開された。同時上映は『すかんぴんウォーク』(大森一樹監督、吉川晃司主演)。 『うる星やつら
    46キロバイト (7,538 語) - 2020年9月15日 (火) 12:22



    (出典 ninitaeiga.com)



    1 フォーエバー ★ :2020/05/02(土) 00:22:49.80

    主題歌『愛はブーメラン』の疾走感を含め、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』のEDの流れはアニメ映画で一番好き

    『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。今回はアニメ『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』について語る。

    * * *

    家にこもる時間が増えているので、外出自粛のお供に動画配信サービスで見られる名作アニメ映画を紹介します。

    1984年公開の『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』。監督は、後に『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(95年)などを作った押井守さんです。

    テレビアニメ版の『うる星やつら』は、私が子供の頃にも再放送されていて、最初に好きになったアニメですが、この『ビューティフル・ドリーマー』はテレビ版の世界観より"押井ワールド"が全開の作品です。原作者の高橋留美子先生も、「『ビューティフル・ドリーマー』は押井さんの『うる星やつら』です」とコメントしているくらい。

    物語は、主人公の諸星あたるやラムちゃんをはじめとする友引高校の生徒たちが、翌日に控える文化祭の準備をしている場面から始まります。『うる星やつら』らしく、ここでいろんなドタバタが起こりますが、徐々に奇妙な違和感が目立ち始め、あたるたちは文化祭前日の一日が何度も繰り返されていることに気づきます。

    近年は『魔法少女まどか☆マギカ』や『STEINS;GATE』『君の名は。』など、登場人物たちが同じ時間や世界を繰り返すループものが人気ですが、この作品は"ループものアニメの元祖"ともいわれています。

    ほかのループものと一線を画す要素のひとつは"お約束"の設定を逆手に取ったところ。アニメや漫画では、何年たっても登場人物たちが年を取らないことが違和感なく受け入れられています。そんななかで、学園ものの典型である『うる星やつら』が、永遠にループする一日を描くというセルフパロディになっており、遊び心とクレバーさがたまりません。

    こうしたメタな要素はほかにもあります。劇中、友引高校の校舎が3階建てだと言及されるシーンがありますが、エンディングでは2階建てになっています。ここで新たなループに入ったという見方もできますが、そもそもテレビアニメ版の校舎の設定はかなり適当で、2階になったり3階になったりしていました。それを自らパロディ化したと解釈できます。

    私は、個人的に本作の「メガネ」というキャラクターが好きです。理屈っぽい長ぜりふをしゃべり、暑苦しく振る舞うところは学生運動の闘士のようで、かつて高校生活動家だった押井監督とメガネの化学反応がツボです。また、劇中、ワンカットだけ登場する謎の男性は、実は観客を見つめる押井さん自身だと明かされています。

    こうしたメタ構造やメタファーがたっぷりちりばめられており、いくらでも考察できる作品ですが、演出も絶妙です。喫茶店のシーンで、テーブルの真ん中に設置されたカメラが回転するように交互に人物を映す演出や、夜の街を車で走るシーンのカットの切り替えなど、前衛的な演出を見るだけでもオススメ。アニメに興味がない方にぜひ見てほしいです。

    当時、アニメとしては珍しく映画雑誌などでも絶賛されたという本作。押井守ファンではなくても十分に楽しめると思います。

    5/1(金) 6:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200501-01112140-playboyz-ent
    ★1:2020/05/01(金) 20:25:31.86 前スレ
    https://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1588332331/

    (出典 i.imgur.com)


    【【うる星やつら】劇場版「 ビューティフル・ドリーマー」押井守の出世作】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ぴえろにしたという。 『みつばちマーヤの冒険』などを手がけた後、学習研究社からの依頼で、『ニルスのふしぎな旅』を制作するため1979年にアニメの制作スタジオとなり、株式会社に改組。「株式会社スタジオぴえろ」を設立して三鷹市にスタジオ
    26キロバイト (1,451 語) - 2020年6月30日 (火) 00:58



    (出典 auctions.afimg.jp)



    1 フォーエバー ★ :2019/11/06(水) 20:31:42.86

    TVアニメ『うる星やつら』『魔法の天使クリィミーマミ』『きまぐれオレンジ☆ロード』をメインにスタジオぴえろについて特集する、「ぴえろ大解剖」が発売される。発売日は2019年11月8日だ。

    日本アニメ界をリードするアニメ制作会社ぴえろが現れたのは80年代、ちょうどアニメが子供のものから発展し上質なアニメが増えていった時期だ。「ぴえろ大解剖」ではぴえろ作品の中でも1980年代をピックアップし、当時人気を博した3作品を中心に今も色褪せない魅力をたっぷりと紹介する。

    スペシャルインタビューはキャラクター・デザイナーの高田明美、歌手&声優の太田貴子、そしてぴえろ最高顧問の布川ゆうじにインタビュー。当時の思い出やこれからのぴえろまで貴重な話をたっぷりと収録した。
    他にもポスターギャラリーや懐かしのオープニング&エンディングアニメ集まで、ぴえろのこれまでやこれからが凝縮されている。

    11/6(水) 18:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00000009-anmanmv-ent

    (出典 i.imgur.com)


    【【アニメ】「うる星やつら」「クリィミーマミ」「オレンジロード」…“スタジオぴえろ”特集発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    あたる役は最初イメージと違うと視聴者から言われた。。と動画で語っているね

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/07/16(木) 18:33:45.62 ID:92HNxmht9.net

    アニメ!アニメ!では古川登志夫さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなキャラクターは?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。結果を発表します。

    ニュース 2020.7.16 Thu 7:15

    7月16日は古川登志夫さんのお誕生日です。

    古川登志夫さんは1970年代に声優デビューしてから現在まで数多くのキャラクターを演じてきました。2020年もTVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(第6作)や『織田シナモン信長』などでメインキャラクターを担当。
    また声優事務所・青二プロダクションの養成所・青二塾東京校の塾長でもあり、後進の指導にも力を注いでいます。


    (出典 animeanime.jp)


    アニメ!アニメ!では映画『ドラゴンボール超 ブロリー』の公開時や、『ワンピース』のコスプレイベントで審査員を務めた際にインタビューを行ったことがあります。

    「ドラゴンボール」堀川りょう×久川綾×古川登志夫、シリーズ愛と鶴ひろみさんへの思いは…【インタビュー】
    https://animeanime.jp/article/2018/12/14/42106.html


    古谷徹&古川登志夫が語る"コスプレ論" 「重要なのは演技と一緒で…」【インタビュー】
    https://animeanime.jp/article/2019/02/28/43735.html

    そこで古川登志夫さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなキャラクターは?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。7月3日から7月10日までのアンケート期間中に90人から回答を得ました。
    男女比は男性約45パーセント、女性約55パーセントとほぼ同数。年齢層は19歳以下が約30パーセント、20代が約25パーセント、40代以降は30パーセントと幅広い世代から投票がありました。

    2019年結果:https://animeanime.jp/article/2019/07/16/46924.html




    ■トップは『ワンピース』エース 吹き替え役にも投票が

    第1位

    1位は『ワンピース』のポートガス・D・エース。支持率は約25パーセントで、昨年の2位からトップになりました。

    『ワンピース スタンピード』ビジュアル(C)尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会

    (出典 animeanime.jp)


    「エースから発せられる言葉ひとつひとつがカッコ良すぎます! エースの声は古川さん以外に考えられません」や「ルフィのことを想うところが兄貴らしくて素敵です」とルフィの頼れる兄として高い人気を誇っています。
    「“愛してくれて………ありがとう!!!”というセリフは忘れられない」や「古川さんの演技も加わってかなり泣きました」と頂上戦争での決戦に触れたコメントも多かったです。



    第2位

    2位は『うる星やつら』の諸星あたる。支持率は約20パーセントで、昨年の3位からランクアップしています。

    『うる星やつら』(C)高橋留美子/小学館

    (出典 animeanime.jp)


    「女好きでどこまでもだらしないという、本当にいたら愛せそうにない人物なのに、古川さんの声の力で許せてしまうキャラクターになったから」と憎めない一面を引き出したという指摘がありました。
    「軽薄そうなのに真摯で、浮気症なのに一途で、柔軟そうなのに頑固。こんな複雑怪奇な男子なのに、ここまで魅力的になったのは古川さんが演じたからだと思います。あたるが初恋です」と放送当時から楽しんでいたファンの声も届いています。



    第3位

    3位は『ドラゴンボール』のピッコロ。支持率は約10パーセントで、昨年のトップから順位を下げました。
    「宇宙一カッコイイ緑のキャラクター。渋い声が素敵で、みんなの保護者的ポジションが良い」や「クールなイケボが素敵で、理想的な人格者です」と、面倒見の良さが感じられるところも支持されています。2015年からは最新作『ドラゴンボール超』がオンエアされたこともあって、若い世代からも人気を集めています。



    ■そのほかのコメントを紹介!!

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://animeanime.jp/article/2020/07/16/55046.html


    【【声優】 古川登志夫さんが演じたキャラで好きランキング 2位はあたる 1位は。。】の続きを読む

    このページのトップヘ