『ナヴァロンの要塞』(ナヴァロンのようさい、The Guns of Navarone)は、イギリス作家アリステア・マクリーンが1957年に発表した、第二次世界大戦を題材とした戦争小説である。1961年に映画化され、小説・映画ともども評判となった。映画邦題は『ナバロンの要塞』である。 本作
16キロバイト (1,773 語) - 2020年9月18日 (金) 12:46



(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



1 名無しさん@お腹いっぱい。 :05/01/08 13:32:37 ID:DuggDNsE.net

昔は洋画劇場とかTVでよく放送されてたよなぁ。こうゆう映画。
細かい所は覚えてないけど、どきどきして熱くなったもんだ。
レンタル店に置いてるかなぁ。久々観たくなってきた、
「Uボート」とかも。


【【名作洋画】「ナバロンの要塞」「ナバロンの嵐」】の続きを読む