ニュースマンボ

「マンボ!」は、スワヒリ語で「こんにちは」の意味です。 皆様の毎日が楽しくなるような記事をお届けします。

    タグ:仮面ライダー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダー仮面ライダー』(かめんライダー)は、1971年(昭和46年)4月3日から1973年(昭和48年)2月10日まで、NET系列で毎週土曜19:30 - 20:00(JST)に全98話が放送された、毎日放送・東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称である。
    206キロバイト (25,749 語) - 2020年11月1日 (日) 06:59



    (出典 i.pinimg.com)



    1 :2020/11/06(金) 16:44:30.32 ID:skrz23Vl0●.net BE:788192358-2BP(10000)


    (出典 img.5ch.net)

    「真骨彫製法 仮面ライダーBLACK」商品化記念インタビュー<1> 石森プロ・早瀬マサト
    2020-10-26 11:00 更新

    ──早瀬さんが石森プロに入社したのは漫画版『仮面ライダーBla*』がきっかけだそうですね。

    早瀬:『あの頃の僕はファンの一人で、石ノ森先生が久しぶりに少年誌で『仮面ライダー』を連載されると知り心が色めき立っていました。そして「週刊少年サンデー」を毎週楽しみにして読んでいたのですが、ある時に誌面の外側にある「柱」にアシスタント募集の告知が載っていたんです。当時はまだ大学生でしたが「これはチャンスだ!」と思い応募しました。しかし、それは『Bla*』終了後の企画を見据えての募集だったので、自分が入社したのは大学を卒業した後の平成元年だったんですよ。既にテレビでは次回作の『仮面ライダーBLACK RX』が始まっていました。

    (中略)

    ──昭和に誕生した『仮面ライダー』が『BLACK』を経て、平成と令和シリーズに受け継がれました。このように仮面ライダーが長く続いている理由は何だと思いますか?

    早瀬:かつて石ノ森先生はこう仰っていたんですよ。「仮面ライダーは時が来れば必ず復活するので、ブランクがあっても慌てることはない。だから君達は仮面ライダー以外の企画を考えなさい」と。そして実際に今もこうしてシリーズが続いています。それは仮面ライダーが時代に合わせて柔軟に変化したからだと思うんですよ。先ほどお話ししたようにトレードマークのマフラーを捨て、グローブやブーツの表現も廃止しましたが、そのように新しいものを生むためには過去のものを否定する事も大切なんですよ。あまり過去に囚われるとシリーズとして前に進めないし、新規のファンも呼び込めなかったと思います。そして平成ライダーの奇想天外なデザインに驚かれた方も多いと思いますが、石ノ森先生が考えられたライダーの未採用案にも突飛なデザインが多かったんですよ。とてもヒーローのデザインとは思えない顔だったり、胸のコンバーター・ラングがライダーの顔になっていたり、その振り幅の広さには私も驚かされました。だから平成シリーズにブッ飛んだデザインのライダーが出てきても、所詮は石ノ森先生の手のひらの上で踊っているに過ぎないんです。ですからライダーのデザインを担当される方は大変だと思いますよ。「いかにして石ノ森先生の手のひらから逸脱するか」という戦いですから(笑)。

    ──『クウガ』からは改造人間という設定も無くなりましたね。

    早瀬:それは医療技術が発展して人工臓器移植などが当たり前の時代になったからです。しかし、そのような人工臓器はあくまでも代替品であり、ライダーのようなスーパーパワーを得るわけでなく、それどころか苦しんでいる方もいらっしゃいます。それで改造人間という設定はオミットせざるを得なくなりました。最初はライダーらしさを失うのではないかという懸念はありましたが、差別を助長する恐れがあるヒーロー番組を作るわけにはいきませんからね。また一つの作品に複数のライダーが登場するようになったのは、正義は決して一つではなく、立場や人によって様々という時代の縮図みたいなところもあると思います。

    https://tamashii.jp/t_kokkaku/141/
    てつをのインタビューもアリ


    【【特撮】平成仮面ライダーが「改造人間じゃない」「バイクに乗らない」のはなぜ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    仮面ライダーシリーズ > 変身ベルト 変身ベルト(へんしんベルト)は 仮面ライダーシリーズなどの特撮作品に登場する、主人公および主要人物が仮面ライダーなどのヒーローに変身するためのベルト。 1.を模した、なりきり玩具の名称。 本項目では仮面ライダーシリーズを中心に2について記述する。 変身
    16キロバイト (2,306 語) - 2020年1月25日 (土) 11:03



    (出典 i.ytimg.com)



    1 Kちゃん(SB-Android) [BR] :2020/10/25(日) 09:39:49.81


    『仮面ライダー変身ベルト』が50年間“男子の憧れ”であり続けるワケ 開発陣に伝わる教訓「その武器で地球が救えるのか?」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b68da09f9f4564ff7ff1d1d2ec73ddba1e6a1c70


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=293&q=90&exp=10800&pri=l

    1971年4月の放送開始以降、多くの男子を魅了し続けている『仮面ライダー』シリーズ。なかでも主人公が腰に巻き、ポーズを決めるとライダーに変身する「変身ベルト」は、玩具としても発売され、データの残る平成以降だけでも累計1400万本を出荷する大ヒットを記録している。
    ではなぜ『仮面ライダー変身ベルト』は、世代を超えて50年もの間、子どもたちの憧れであり続けるのか。販売するバンダイのブランドデザイン部に話を聞いた。

    【貴重写真】初代をはじめV3、クウガ、龍騎、最新作セイバーまで歴代「仮面ライダー変身ベルト」

    ■失敗してもいいから新しいことに挑戦する社風が初代の大ヒットに
     『仮面ライダー』放送開始当初から、玩具として発売されていた「変身ベルト」だったが、最初は、バンダイではない他社が制作・販売を担っていた。だが、あることがきっかけで、バンダイの子会社でキャラクター玩具を専門に扱うポピーが取り扱うことになったという。

    「ポピーの企画担当者が、他社様から販売されていた仮面ライダーの変身ベルトを自分の子どもに買い与えたところ、『テレビに出てくるのと違う!』と言われたそうなんです。そのベルトは、番組に出てくる変身ベルトのように中心が光らないし回らなかったんですね。そこで、番組を制作している東映に話を持ち掛け、光って回る変身ベルトを開発、販売することになったのがすべての始まりでした」

     テレビの中の仮面ライダーと“同じ”ベルトを着けて、ライダー気分を味わいたい。そう思った子どもたちの期待に応え、ポピーが制作した初代変身ベルトは、実に380万本を売り上げる大ヒット商品となった。

    「今とは子どもの数の分母が違いますし、視聴率が高かったこともありますが、担当者のお子さんと同じような思いを抱いていた子どもたちがたくさんいたことが大ヒットにつながったのかもしれません。
    ただ、開発には苦労したようです。電動で回って光るものを作ろうとすると、やはりコストがかかります。でも、子ども向けの玩具ですから、価格はある程度抑えなければなりません。
    ただ弊社には、失敗してもいいから新しいことに挑戦して、常に新しいものを世に送り出していこうという社風があるので、果敢に挑んだと聞いています」


    【「仮面ライダー変身ベルト」発売50周年。バンダイが人気の理由を語る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダーストロンガー仮面ライダーストロンガー』(かめんライダーストロンガー)は、1975年4月5日から12月27日まで、TBS系列で毎週土曜19:00 - 19:30(JST)に全39話が放送された、毎日放送・東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。
    153キロバイト (21,208 語) - 2020年10月25日 (日) 08:33



    (出典 www.neowing.co.jp)



    1 どこの誰かは知らないけれど :2020/06/15(月) 12:55:13.49 ID:k1Y4/s6z0.net

    !extend:che*ed:vvvvvv:1000:512
    !extend:che*ed:vvvvvv:1000:512
    天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ。悪を倒せと俺を呼ぶ。
    聞け、悪人ども。俺は正義の戦士 仮面ライダーストロンガー!

    仮面ライダーシリーズ第1部最終章を飾るは、電気ストロンガー。
    電気人間タックルと共に、*サタンへと立ち向かう。

    歴代ライダー総出演、幹部が繰り広げるドロドロの内部抗争等、
    クライマックスへと盛り上がり方はシリーズ中でも群を抜いています

    前スレ
    【2対1ではない】仮面ライダーストロンガー 11【2対2だ】
    https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/rsfx/1583448822/ VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvvv:1000:512:: EXT was configured


    【【仮面ライダー】「ストロンガー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    仮面ラダーシリーズ > 仮面ラダースーパー1仮面ラダースーパー1』(かめんライダースーパーワン)は、1980年(昭和55年)10月17日から1981年(昭和56年)9月26日、TBS系列で放映された毎日放送、東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称である。
    129キロバイト (16,975 語) - 2020年10月16日 (金) 00:49



    (出典 hobby.dengeki.com)



    1 どこの誰かは知らないけれど(ワッチョイ 80c3-UEA8) :2016/09/27(火) 13:30:13.18 ID:0gkIfXTa0.net

    人類の未来を宇宙に掛けた、亡き父の意志を継ぐ為
    惑星開発用改造人間 コードネーム:スーパー1の被験者に志願した沖一也。
    実験は成功したものの、研究所は悪の王国ドグマの改造人間に襲われ、恩師ヘンリー博士諸共爆破されてしまう。
    博士の託した希望を胸にして、玄海老師や谷源次郎と共に、
    赤心少林拳とファイブハンドを駆使し、ドグマに立ち向かうのであった。

    テコ入れが行なわれ、放送時間も移動されて、ジンドグマ編に突入。
    ジュニアライダー隊と共に、ジンドグマの脅威に立ち向かうのであった。 VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    【【仮面ライダー】スーパー1】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダーV3仮面ライダーV3』(かめんライダーブイスリー)は、1973年(昭和48年)2月17日から1974年(昭和49年)2月9日まで、NET系列で毎週土曜19:30 - 20:00(JST)に全52話が放送された、毎日放送・東映制作の特撮テレビドラマ作品。
    149キロバイト (18,866 語) - 2020年10月5日 (月) 11:42



    (出典 auctions.c.yimg.jp)



    1 どこの誰かは知らないけれど (ワッチョイ 2b67-+aO5) :2017/12/13(水) 12:45:05.53

    【新番組予告ナレーション】
    「仮面ライダーV3!新しいヒーロー“仮面ライダーV3”が遂に登場!
     新番組『仮面ライダーV3』、2月17日よる7時30分から放送開始。
     仮面ライダーV3!!」

    【OPナレーション】
    「仮面ライダーV3・風見志郎は改造人間である。
     謎の秘密組織“デストロン”に重症を負わされたが
     仮面ライダー1号・2号によって改造手術を受け
     “仮面ライダーV3”として蘇った!!」 VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    【【仮面ライダー】仮面ライダーV3】の続きを読む

    このページのトップヘ