ニュースマンボ

「マンボ!」は、スワヒリ語で「こんにちは」の意味です。 皆様の毎日が楽しくなるような記事をお届けします。

    タグ:黒澤明

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    どん底』(どんぞこ)は、1957年(昭和32年)9月17日公開の日本映画である。製作・配給は東宝。監督は黒澤明。モノクロ、スタンダード、125分。 マクシム・ゴーリキーの同名戯曲『どん底』を翻案し、舞台を日本の江戸時代に置き換えて貧しい長屋に住むさまざまな人間の人生模様を描いた時代劇。黒澤
    9キロバイト (1,137 語) - 2019年7月22日 (月) 07:52



    (出典 i.pinimg.com)


    どん底 - YouTube

    (出典 Youtube)



    1 この子の名無しのお祝いに :2006/12/06(水) 04:40:27 ID:fS+B6fRz.net

    長屋で展開される人間模様の悲喜劇、
    ユーモラスに転調するかと思えばまた絶望へ。
    この映画にはあらゆることが詰まっている。

    三井弘次や千秋実といった名脇役というイメージの役者が、
    一世一代ともいえる演技をみせてくれるのも魅力。


    【【黒澤映画】「どん底」その男がもたらしたものは?底辺の人間群像】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    東京・有楽座で『影武者』ワールドプレミアを開催、ウィリアム・ワイラー監督、フランシス・フォード・コッポラ監督、アーサー・ペン監督など出席。 5月 5月8日 - 新劇女優東山千栄子(89歳)死去。 5月21日 - 映画監督稲垣浩(74歳)死去。 5月23日 - 黒澤明監督『影武者』、第33回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール受賞。
    32キロバイト (1,987 語) - 2020年6月23日 (火) 14:26



    (出典 auctions.c.yimg.jp)


    影武者 - YouTube

    (出典 Youtube)



    1 この子の名無しのお祝いに :2017/04/10(月) 04:00:38.88 ID:HzsusRR8.net

    黒澤明監督の影武者を皆で語ろう。

    監督 黒澤明

    出演者 仲代達矢
    山崎努
    萩原健一
    根津甚八
    隆大介
    大滝秀治
    桃井かおり
    倍賞美津子
    志村喬
    藤原釜足

    公開 1980年4月26日


    【【黒澤映画】「影武者」 我の死を3年秘密にせよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    美術賞(ノミ) 『巨星ジーグフェルド』 - 今津やすへい(エディ今津) 1951年(第24回) 名誉賞(受賞) 『羅生門』(黒澤明監督作) 1952年(第25回) 美術賞(ノミ) 『羅生門』(黒澤明監督作) - 松山崇 当時映画雑誌の編集長を務めていた淀川長治が日本人として初めて授賞式に正式に招待される。
    66キロバイト (4,664 語) - 2020年10月10日 (土) 14:52



    (出典 meiga-za.up.seesaa.net)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/09/26(土) 12:51:10.03

    南 侑李MINAMI 2020.9.26 11:30 NEWS | TV/MOVIE
    https://theriver.jp/ras*n-tv-series-hbo-max/

    (出典 theriver.jp)


    日本が世界に誇る巨匠・黒澤明監督による、映画史に残る名作『羅生門』(1950)に触発されたハリウッドドラマ化企画が進行中だ。製作はスティーヴン・スピルバーグ率いるAmblin Televisionに加えて、米HBO Maxが参加することが新たに決定。米Deadlineなど複数のメディアが報じている。

    映画『羅生門』は、芥川龍之介による短編小説『羅生門』『藪の中』を原作に、一人の武士が*れて、その妻が暴行された事件の真相を、当事者をはじめとする人々の証言から紐解いていく物語だ。下手人の盗賊や武士の妻たちは自分自身の主観と主張に基づいて事件を語り始めるが、それぞれの証言は対立していく……。

    本作は黒澤明監督『羅生門』で描かれた物語の主要要素のみを抽出した、独自の作品として展開。現代を舞台に、残酷な性的暴行と殺人事件が、関わる複数の登場人物の視点から紐解かれていく。各話毎に、中心となる登場人物が代わり物語が展開される中、各自の主観や解釈が語られることになるが……。

    本作は黒澤明監督の家族公認の作品。息子・黒澤久雄氏は本作について、「Amblin PartnersとHBO Maxと協力して、今を生きる視聴者に向けて『羅生門』を再構築する事が出来て、大変嬉しく思っています」と喜びを語っている。「この刺激的な物語を通して、私の父が描いた世界が生き続け、新世代に届けられることが楽しみです」。

    脚本を務めるのは、『キャプテン・フィリップス』(2013)のビリー・レイと『マッドバウンド 哀しき友情』(2017)のヴァージル・ウィリアムズ。製作総指揮には、「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」(2018)のダリル・フランク&ジャスティン・ファルヴィーなど就任している。二人は本作について以下のように声明を発表した。

    「ニュースやソーシャルメディアにおいて、“発言した内容が真実”となる文化がある現代、真実の概念が更に破綻してきています。黒澤明監督が作り上げた傑作は、単なる殺人事件の謎を紐解く作品ではありません。主観的な視点や信頼性の無い語り口で、ストーリーテリングに革命を起こし、映画界に最も影響を与えた作品と言えるでしょう。映画の公開から70年が経過した現在でも、『羅生門』が残した功績は疑う余地も無く、作品の中心的なテーマは今まで以上に重要な要素となっています。本作では原作を尊重しながら、現代における主観的視点と客観的視点の対立という、古くから存在する概念を紐解きたいと考えています。」


    【【黒澤明】『羅生門』ハリウッドドラマ化進行中 ─ 現代の殺人事件をテーマに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    七人の侍』(しちにんのさむらい)は、1954年に公開された日本の時代劇映画である。監督は黒澤明、主演は三船敏郎と志村喬。モノクロ、スタンダードサイズ、207分。日本の戦国時代の天正年間(劇中の台詞によると1586年)を舞台とし、野武士の略奪に悩む百姓に雇われた7人の侍
    107キロバイト (15,162 語) - 2020年10月15日 (木) 16:44



    (出典 i.pinimg.com)



    1 この子の名無しのお祝いに :2007/02/06(火) 12:52:15

    登場人物みんな個性があるが、誰が好き?
    与平(左ト全)がいいな「米ぬすまれたぁ~」


    【【黒澤映画】「七人の侍」 あなたはどのキャラが好き?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    生きる』(いきる)は、1952年に公開された日本映画である。監督は黒澤明、主演は志村喬。モノクロ、スタンダード、143分。東宝創立20周年記念映画。無為に日々を過ごしていた市役所の課長が、胃癌で余命幾ばくもないことを知り、己の「生きる」意味を市民公園の整備に注ぐ姿が描かれている。 黒澤
    28キロバイト (3,217 語) - 2020年10月19日 (月) 17:28



    (出典 userdisk.webry.biglobe.ne.jp)


    生きる - YouTube

    (出典 Youtube)



    1 自治郎 ★ :2020/10/19(月) 22:31:35.75

    巨匠黒澤明の傑作「生きる(1952)」が、ビル・ナイ主演、1952年のイギリス・ロンドンが舞台の英語版にリメイクされることがわかった。ノーベル賞作家カズオ・イシグロが脚本を手掛け、「Moffie」(2019)が注目を集めたオリバー・ハルマヌスが監督を務める。米バラエティなどが報じている。

    オリジナル版「生きる」は、非人間的な官僚主義を痛烈に批判するとともに、人間が生きることについての哲学をも示した作品。事なかれ主義の模範的役人である渡辺は、ある日、自分が胃癌で余命幾ばくもないと知る。人間が本当に生きるということの意味を考え、初めて真剣に役所の申請書類に目を通す。そこで彼の目に留まったのは、市民から出されていた下水溜まりの埋め立てと小公園建設に関する陳情書だった。

    リメイク版は、第2次世界大戦後のイギリスを再建するための官僚機構の歯車となって働くベテラン公務員のウイリアム(ナイ)が主人公。事務業を延々とこなす生活を送るウイリアムは、自分が死に至る重病を患っていることを知り、単調に思える自らの人生に意味を見出そうと考え始めるというストーリーで、オリジナル版に沿った展開になりそうだ。

    イシグロは、「この物語は、人生に意味と満足感をもたらすのは、私たちひとりひとりの責任であることを示唆しています。困難に直面しても、人生に誇りを持ち、幸せになる方法を見つけようとすること。毎日長時間、机やスクリーンに張り付いて過ごさなければならない多くの人々に語りかけることができると信じています」と意気込みを語っている。

    「コレット」のスティーブン・ウーリーとエリザベス・カールセンがナンバー9フィルムズとタッグを組んで製作を手掛け、ロケット・サイエンスが配給する。ウーリーとカールセンは、「日本でもっとも国際的に有名な黒澤監督と、偉大な作家であるイシグロ氏、そして途方もない才能の持ち主であるオリバー・ハルマヌスとコンビを組むことは、プロデューサーにとって夢のようなものです」と話している。

    リメイク版「生きる」は、「*・エデュケーション」のエイミー・ルー・ウッドがナイと共演する。共演に来春にイギリスでクランクイン予定。(映画.com速報)

    2020年10月19日 10:00
    https://eiga.com/news/20201019/3/

    ビル・ナイ

    (出典 eiga.k-img.com)


    【【映画】黒澤明監督「生きる」がイギリスでリメイク】の続きを読む

    このページのトップヘ