ニュースマンボ

「マンボ!」は、スワヒリ語で「こんにちは」の意味です。 皆様の毎日が楽しくなるような記事をお届けします。

    タグ:SF

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    未知との遭遇』(みちとのそうぐう、Close Encounters of the Third Kind)は、1977年に公開されたアメリカ映画である。世界各地で発生するUFO遭遇事件、最後に果たされる人類宇宙人コンタクトを描いた。 スーパーバイザーを務めたは、元アメリカ空軍UFO
    22キロバイト (2,259 語) - 2020年10月20日 (火) 19:48



    (出典 eiga-chirashi.jp)


    未知との遭遇 - YouTube

    (出典 Youtube)



    1 無名画座@リバイバル上映中 :2005/10/07(金) 17:48:31 ID:tQvUf9XL.net

    ET,未知との遭遇に付いて語ろうぜ
    この2つの作品が凄く好きなんですが!!


    【【SF映画】「未知との遭遇」 宇宙人は「未知」のままだが、なんだか感動したという不思議な映画】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    登板となる。 出演はカート・ラッセルとA・ウィルフォード・ブリムリーなど。 1951年映画『遊星よりの物体X』に続く、ジョン・W・キャンベル短編SF小説『影が行く』2度目映画化で、南極基地に現れた地球外生命体怪物とそれに立ち向かう隊員達を描いている。 約10万年前、宇宙から
    22キロバイト (2,987 語) - 2020年9月22日 (火) 12:54



    (出典 www.stereosound.co.jp)



    1 無名画座@リバイバル上映中 :2019/02/08(金) 20:20:55.22 ID:WeuKUYOz.net

    1無名画座@リバイバル上映中2016/04/12(火) 17:02:29.03ID:MARRt1Li
    極寒魍魎サバイバルホラーの金字塔。The thingについて語りましょう。

    part.1 考察!遊星からの物体X ttp://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1105344565/

    part.2 考察!遊星からの物体X 2体目 ttp://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1156738792/

    part.3 【the thing】 遊星からの物体X 【南極物語】 ttp://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1212363737/

    part.4 【Living blood】考察!遊星からの物体X 4体目 ttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1261882536/

    part.5 【リメイク進行中】考察!遊星からの物体X 5体目 ttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1301189787/

    part.6 【なんの冗談だ?】考察!遊星からの物体X 6体目 ttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1360917376/

    part.7【THE THING】遊星からの物体X 7体目 ttp://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1390554252/

    part.8【一緒に】遊星からの物体X【ぶっ飛ぶか?】ttps://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/kinema/1460448149/

    part.9【ああ…そうかと】遊星からの物体X【言うだけだ】https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/kinema/1532704010/l50

    考察!表記にキレて同化しようと画策し、どうかしちゃった擬態スレ。
    【THE THING】遊星からの物体X【遊星よりの】 http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1375398369/

    ジョン・カーペンター監督不朽の名作、【The thing】を語るスレです。
    会話に参加する前に血液検査はお忘れなく・・・ベンベン

    1982年(米)監督:ジョン・カーペンター 音楽:エンニオ・モリコーネ
    主演:カート・ラッセル

    参考資料
    ttp://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/THE%20THING.htm


    【【SF映画】「遊星からの物体X」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    2001年宇宙の旅』(にせんいちねんうちゅうたび、原題:2001: A Space Odyssey)は、アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリックアイデアをまとめたストーリーに基いて製作された、SF映画およびSF小説である。映画版はキューブリックが監督・脚本を担当し、1968
    74キロバイト (10,455 語) - 2020年10月28日 (水) 06:41



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    2 無名画座@リバイバル上映中 :2019/08/17(土) 12:56:36.62 ID:hVh6NvQt.net

    チコちゃんクレーターに磁気の異常があります!


    【【SF映画】「2001年宇宙の旅」 名作だが謎ラスト】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ペリグリースを救出すべく、宇宙飛行士レオもポッドで母船を飛び出して後を追うが、やはり磁気嵐に吸い込まれ、とある未知の惑星に不時着する。そこは逃げ惑う原始的な人間たちが、高い知能を持つに支配される世界であった。 その後、猿の軍隊に捕らえられたレオは、猿の
    23キロバイト (2,680 語) - 2020年9月22日 (火) 13:50



    (出典 theriver.jp)



    1 無名画座@リバイバル上映中 :2017/04/19(水) 16:30:46.30 ID:rnmSgpQd.net

     
       「なんということだ・・・、 ここは、猿の惑星シリーズ,関連作品について語り合うスレッドだったのか・・・!」



    ・映画作品(20世紀フォックス):
    《旧シリーズ オリジナル5作品》
      『猿の惑星』(1968)/『続・猿の惑星』(1970)/『新・猿の惑星』(1971)/『猿の惑星・征服』(1972)/『最後の猿の惑星』(1973)

    《ティム・バートン監督によるリ・イマジネーション(再創造)版作品》
      『PLANET OF THE APES / 猿の惑星』(2001)

    《リブート版シリーズ3作品》
      『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(2011)/『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(2014)/『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(2017)


    ・テレビ作品(20世紀フォックス):
      『猿の惑星』(1974)CBS  ← 映画版から10年後を舞台にしたドラマシリーズ
      『SFまんが猿の惑星』(1975)NBC  ← マーヴェル・コミック版をベースにしたアニメシリーズ



    【原作:ピエール・ブール 『猿の惑星』 (発表 1963年-フランス) ‐東京創元社/早川書房】



    〈前スレッド:猿の惑星シリーズ総合スレッド~不時着①回目~〉
    http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1422489040/

    〈『続・猿の惑星』ラストシーン論争専用スレッド 2〉
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/movie/1457403641/

    〈当然だが『猿の惑星』の猿のモデルは日本人のことなどではない〉
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/movie/1481879329/



       それじゃ いってみよう!
       合言葉は、Ape Shall Never Kill Ape!!
     


    【【洋画特撮】「猿の惑星」 なんということだ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    11人いる!』(じゅういちにんいる!)は、萩尾望都による日本の中篇SF漫画。漫画雑誌『別冊少女コミック』1975年9月号から11月号に連載された。 1976年、第21回小学館漫画賞少年少女部門を受賞。 テレビドラマ化、アニメ映画化、および舞台化されている。 「11人いる
    40キロバイト (5,327 語) - 2020年5月30日 (土) 00:22



    (出典 www.eigeki.jp)



    1 見ろ!名無しがゴミのようだ! :2011/09/25(日) 00:15:40.06 ID:4qOSb1xG.net

    何度でも見れる良佳作アニメ


    【【懐アニ】「11人いる!」宇宙船の中の11人目は誰だ!少女漫画原作、不朽の名作。】の続きを読む

    このページのトップヘ